国連安保理は、天皇陛下認証の書類を偽造した「朝敵4人」を処分、「衆院解散」を指示

国連安保理は、天皇陛下認証の書類を偽造した「朝敵4人」を処分、「衆院解散」を指示

2017年08月07日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年8月7日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国連安保理は、天皇陛下認証の書類を偽造した「朝敵4人」を処分、「衆院解散」を指示
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 「国連安保理が緊急招集され、不祥事をしでかした安倍晋三首相、麻生太郎
副総理兼財務相、岸田文雄外相、二階俊博幹事長の処分を決め、『衆院を解散
せよ』と指示、9月の臨時国会で衆院解散となる」とは、いかなる事態を示し
ているのか」とは、「朝敵」安倍晋三首相、麻生太郎副総理兼財務相、岸田文
雄外相、弐階俊博幹事長が犯した由々しき事態を示している。端的に言えば、
麻生太郎副総理兼財務相は、天皇陛下と小沢一郎代表に託されている「MS
A」巨額資金の分配(シェア)手続きに際して、天皇陛下が認証された書類を
自分の名前に偽造して国際決済銀行(Bank for、略称: BIS、本部
はスイス・バーゼル、1930年に設立された中央銀行相互の決済をする組
織。通貨価値と金融システムの安定を目的として中央銀行の政策と国際協力を
支援)などに送っていたのがバレ、その罪を問われたのである。安倍晋三首相
は、岸田文雄外相を使って、「MSA」資金の横取りを謀り、二階俊博幹事長
は、この企みに加担したという。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る