№193国政政党小池新党の設立に向けて一歩前進

№193国政政党小池新党の設立に向けて一歩前進

2017年08月07日発行

そろそろかなあ、と思っておりましたが、ようやく若狭さんも細野さんも動き出したようです。
小池さん本人が現時点でどの程度本気なのか分かりませんが、とにかくこれで国政政党小池新党の設立に向けて大きな一歩が記されたと言っていいでしょう。
目下のところリスクを取るのは若狭さん一人ですが、若狭さんにはあらゆるリスクに堪える覚悟が既に出来ているようです。
まあ、今誰かが動き出さなければ政治の歯車は止まったまま、ということになりかねなかったのですから、よくぞ決断したとエールを送るべきでしょう。
これで細野氏が民進党に離党届を出せば、若狭さんと細野氏が共同歩調を取るのだというメッセージになります。
大事なことは、改革を志す人はこれから毎日新たなメッセージを発信し続けることです。
若狭さんは既に今日ご自分の政治塾のホームページを公開されました。
用意周到です。
若狭さんが小池さんと連動して動いていることは、若狭さんの政治塾の第1回の講師を小池さんが引き受けていることです。
いよいよですね、ということで今週のメルマガはこのあたりのことを特集しておきます。
今週の目次:
Ⅰ国政政党小池新党設立に向けて重要な布石
①さて、小池さんの国民ファーストはどこまで膨らむかしら
②動いたら、必ず結果を出す
③政権交代可能な政党を作るという政治家の見果てぬ夢を実現する方策あれこれ
④政党を作るためには、まず自分たち独自の政策目標を掲げる必要がある
⑤今は一人ぼっちで心細いだろうが、いずれは崖から飛び降りた勇気を讃えられるはず
⑥広島原爆忌の今日、小池新党は核廃絶の動きにどう向き合うか
⑦うん、若狭さんと細野氏は馬が合いそうだ
⑧さあて、いよいよ動き出したぞ
⑨日本ファーストは「輝照塾」という政治塾の運営母体で、国政政党ではないということ
Ⅱ【産業法務時流研究】360度カメラの普及
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博さんの解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第44回月例会開催のご案内
日 時:平成29年8月25日(金曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階 【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究
①MR(複合現実)の時代に突入
②ソフトロボティクスの黎明期
③進化するプロジェクター
④話題のノンオイル(ノンフライ)調理器
⑤猫ブーム
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る