№197小池新党設立に向けて大きく回り始めた歯車

№197小池新党設立に向けて大きく回り始めた歯車

2017年09月04日発行

今日は私の誕生日です。メルマガの発行も間もなく目標としていた200号に達しますので、このあたりで終止符を打とうかと思っております。丁度メルマガ発行管理サービス業者の方からメルマガの管理サービス業務を来年2月中旬をもって終了するという連絡をいただいたところですので、私のメルマガも来年2月中旬をもって終了させていただくことにします。
何があるか分からない世の中ですが、様々な事象を分析して何が起こりそうか予見し、その時点で取り得る様々な方策の内最も適切なものを探ろう、何が何だか分からない世の中をなるべく分かりやすくしよう、というのが私のメルマガ「ザッツライッ」の目標でしたが、さてどの程度皆さんのお役に立てたでしょうか。
私の目下の最大の関心は、混沌とした日本の政治を打開する道を探ることですが、東京大改革から日本大改革への道を歩もうとしている小池新党設立への道筋がようやく見えてきました。
民進党も前原氏が新しい代表に選出され、幹事長に若手の山尾志桜里さんを抜擢するなど思い切った変身を遂げるようです。
これからの半年で日本の政治は再び大きく変動し、新しい時代の扉が開くに違いないと思っております。
これこそ私が待ち望んでいた展開です。
こういう政治状況の中で私の役割があるのかないのかまったく分かりませんが、私は私なりに新しい時代の幕を開く大事な作業に貢献していきたいと思っております。
今日のメルマガは、小池新党の設立に向けての最近の動きを特集することにしました。
あとわずか半年ですが、もうしばらくお付き合いいただければ幸いです。
今週の目次:
Ⅰ小池新党設立に向けての最新の動き
➀何か面白いことが起きそうなので、私も動くことにします
②三段の構え、五重の備え、でしょうね
③やはり、国民の期待は小池新党の方に集まっているようだ
④岩盤突破のための特区と同じように必要な、既成政党のしがらみ突破のための新党設立
⑤希望の塾には可能性を秘めた女性の方々が結構応募したようだが、輝照塾は如何?
⑥やはり、どう考えてもこのチャンスは逃さない方がいい
⑦ツボを心得た若狭さんの動き
⑧大丈夫、まだ時間はある
⑨輝照塾は、井手英策さんを講師に呼ばれたら如何か
⑩年内に新党結成、のスケジュール感が丁度よさそうだ
⑪タイムリーな小池・若狭会談
Ⅱ【産業法務時流研究】もったいないプロジェクト
産業法務研究会専務理事、社会保険労務士・行政書士の平川博さんの解説でお送りします。
Ⅲ㈳産業法務研究会(産法研)第45回月例会開催のご案内
日 時:平成29年9月29日(金曜日)午後4時30分~午後6時30分
場 所:セレクトガーデン池袋(東京都豊島区池袋三丁目1番11号)2階 【最寄りの駅】要町(地下鉄有楽町線)出口5番(祥雲寺方面)から徒歩1分
目 的:時流研究
①360度カメラの普及
②期待される音響浮揚力研究
③作られる流行色
④変わり種カレー
Ⅳ次回メルマガの発行予定

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る