第282号 日本人主導のビットコイン・バブルは崩壊へのカウントダウンに入った、中国ICO規制でビットコインが乱高下、六本木で本格インドカレー、ビットコインの税金について、他

第282号 日本人主導のビットコイン・バブルは崩壊へのカウントダウンに入った、中国ICO規制でビットコインが乱高下、六本木で本格インドカレー、ビットコインの税金について、他

2017年09月07日発行

// 週刊金融日記
// 2017年9月7日 第282号
// 日本人主導のビットコイン・バブルは崩壊へのカウントダウンに入った
// 中国ICO規制でビットコインが乱高下
// 六本木で本格インドカレー
// ビットコインの税金について
// 他


 こんにちは。藤沢数希です。
 最近、夕方が涼しいというか、寒くなってきましたね。みなさん、風邪などひかないように気をつけてください。
 さて、今週は、冒頭の論文で、ビットコインのバブル崩壊が迫っていることについてのレポートを書きました。週刊金融日記というタイトルに偽りなく、金融メルマガです(笑)。

 しかし、先日、トップAV男優のしみけんさんと対談して、なかなか面白い恋愛工学の記事がありますから、金融に興味がない方は、こちらをお楽しみください。

●お金持ちはモテない、美人は幸せになれない しみけん×藤沢数希【特別対談】
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/52685

 それでは今週もよろしくお願いします!


1.日本人主導のビットコイン・バブルは崩壊へのカウントダウンに入った

 9月4日に、中国政府が暗号通貨やその技術を使ったICO(Initial Coin Offering)による資金調達を突然禁止した。このニュースを受けてビットコインやその他の暗号通貨も1日で10~20%程度下落した。

●中国、ICOを全面禁止 「金融詐欺、ネズミ講」と強く非難
http://jp.techcrunch.com/2017/09/05/20170904chinas-central-bank-has-banned-icos/

 しかし、その後、意外にもビットコイン価格はかなり値を戻すことになった。これは、ビットコインをはじめ暗号通貨の将来の「実需」にかなり悪い影響のあるニュースであったにもかかわらず、だ。このビットコインの底堅さや、他のさまざまな情報を分析することにより、いま暗号通貨市場に起こっていることが、よく分かるのである。それは、主に日本のSNSを通した暗号通貨バブルの形成である。

 さて、本稿では、今年、つまり、2017年のビットコインやその他の暗号通貨の爆発的な価格上昇と、その背後のバブル形成のメカニズムを解説し、今後、このバブルが時間の問題で破裂する可能性が極めて...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る