自民党を支えてきた巨大組織が、「小沢一郎政権樹立」へ密かに動いており、自民党勢力の大幅退潮⇒大敗北は不可避

自民党を支えてきた巨大組織が、「小沢一郎政権樹立」へ密かに動いており、自民党勢力の大幅退潮⇒大敗北は不可避

2017年09月20日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年9月20日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自民党を支えてきた巨大組織が、「小沢一郎政権樹立」へ密かに動いており、
自民党勢力の大幅退潮⇒大敗北は不可避
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 これまで自民党を支えてきた巨大組織が、10月10日公示、22日投開票
の総選挙を機に、「小沢一郎政権樹立」のため密かに動いているという。この
なかには、巨大宗教団体をはじめ、政治運動団体、人権擁護団体などが含まれ
ている。自民党は9月上旬に極秘に全国を対象とした情勢調査を行い、その結
果(現有勢力288は多少減っても過半数233は確保できる)は安倍晋三首
相やごく少数の政府与党幹部に伝えられ、安倍晋三首相が9月28日召集の臨
時国会冒頭解散を決意する最有力な情勢判断材料になったといわれている。だ
が、巨大組織の離反が、自民党勢力の大幅退潮⇒大敗北は不可避となった。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る