▲▽逃げる総理▽▲

▲▽逃げる総理▽▲

2017年10月06日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽逃げる総理▽▲

※ 首相が演説場所を変更 「反安倍」ヤジを警戒
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21940750V01C17A0PP8000/
*「ポケモンGO以来の栄え」向ヶ丘遊園駅で一体何が?「国難」を追いかけたひ
とたちによる現地レポート
https://togetter.com/li/1157970

>お前が国難w

 よし! この台詞をこの選挙のキャッチフレーズにしよう。しかしまあ、選挙
を仕掛けた側が、こそこそ逃げ回って支持者の前で嘘八百垂れ流して、それをテ
レビで放送させるだけというのは、もう負け戦感が横溢している。
 それはそれとして、向ヶ丘はすでに遊園地も無くなったのに、あそこを急行停
車駅のままにしておくのはどうかと思う。あそこでの停車を無くして、ロマンス
カーを登戸で止めてくれ!

※ データは語る アベノミクスを斬る 高い離職率で有効求人倍率高く
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-04/2017100406_03_1.html

 見ろ、愚民ども! これがアレノミクスの……、て離職率が高いのは結構なこ
とだよ。よりよい待遇を求めて人材が流動化しているということだから。

※ 今回の衆院選をガンダムにたとえると? 希望=アクシズ、立憲民主=エ
ゥーゴ、自民=ティターンズという見方
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3004407?news_ref=top_latest

 自民党が悪のスクツ、ティターンズだというのには同意するが、立憲民主はエ
ゥーゴというほど格好良いか?w。あそこにブライトやアムロがいるなんてとて
も思えないぞ。それにクアトロ大尉が潜り込んでいそうなのは小池新党だろう。

※ 立憲民主、フォロワー11万人 ツイッター4日目で自民を追い越す
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201710/CK2017100502000122.html

 左の人々って、 Twitter の中では凄く元気なんだよね。右はそのtweetをバズ
メディアにコピペして批判している感じで。
 残念なのは、昔のfjみたいに、左右の論客がガチで延々と勝負する場が無く
なったことね。右も左も双方のタコツボに籠もって、外に出ようとしない。

※ 美宇、佳純アウト、中国卓球が日本選手排除する理由
https://www.nikkansports.com/sports/news/201710050000149.html

 喜ばしいことじゃん。それだけ日本の卓球が成長したということだから。柔道
だって、強豪国は日本人とトレーニングすることを嫌う。卓球もこれからはそう
なるということです。

※ 「沖縄の平和運動は偽物」「朝鮮・中国人は平気でうそ」 沖縄市の地域FM局で放送
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/145114

 私は両方を支持します。それを発言する自由も支持するし、それを批判する自
由も支持する。

※ ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ 日系イギリス人、「日の名残り」などの人気作家
https://www.j-cast.com/2017/10/05310481.html?cx_recsWidget=pcTop&cx_recsOrder=1#cxrecs_s

 去年の騒動に懲りて、選考側として王道を選択したということでしょう。良か
ったじゃないですか。「ぎりぎりの所で今年も日本人が受賞しマスタ!(>_<)」
とメディアはお祭りが出来るw。
 なぜ彼だったのか? 選考する側が、一度原則に戻りたいと思った時に、文学
的価値+非白人であり、しかも移民の子である彼は、不寛容さを増す世界でひと
つのメッセージを込められる。非常に良いポジションにいたということでしょう。
 ただ問題は、春樹さんと似たような系統の作風だし、日本人が主人公の作品も
あるから、当面春樹さんの受賞は遠のいたということですよね。たぶん向こう5
年間は無理。抑圧国での人権派な作家とかにもまた戻るだろうし。

※ 韓国型の次世代戦闘機の量産化計画に暗雲、米国企業からの技術移転進まず
=「米国を信じるからこんなことに」「金だけ取られた感じだ」―韓国ネット
http://www.recordchina.co.jp/b192394-s0-c10.html

 明らかに、誰かが国民に向かって嘘をアナウンスしているよね。今時の米帝が、
そんな好条件な契約を結ばせるはずもないでしょうに。

※ 緊...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る