▲▽ブームは一瞬▽▲

▲▽ブームは一瞬▽▲

2017年10月10日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽ブームは一瞬▽▲

 今日は、北のミサイル発射があるという話だけど、深夜セットのタイマー更新です。

※ 過半数擁立焦る希望、支持伸び悩む…小池氏迷走
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news1/20171009-OYT1T50037.html?from=ytop_main1

 読売は小池新党に冷たいけれど、世論は、マスゴミ以上に冷めている気がして
ならない。なんでそうなったかと言えば、やっぱり豊洲問題のぐたぐたでしょう。
都民はバカじゃない。この人に問題処理能力はなさそうだということをあのぐた
ぐたで悟ってしまった。
 あげくに右旋回ばかり目立っては、メディアの応援も及び腰になるし。

※ 【激闘10・22衆院選】小池氏「刺客」で自民・伸晃氏の苦戦必至 都知
事選の“遺恨”尾を引き 選挙区ルポ
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171009/soc1710090002-n1.html?ownedref=not%20set_main_newsTop

 まさかノビテルともあろう大物政治家が、比例に名を連ねるなんてことはあるまいな。

※ 「国難」強調する安倍政権 自衛隊からは疑問の声も…
http://www.asahi.com/articles/ASKB85RM4KB8UTFK01X.html

>イージス艦「みょうこう」の乗組員らを激励した。みょうこうは約3週間にわ
たる日本海での警戒監視の任務を終えて、配備先の同基地にこの日早朝に戻ったばかり。

 これは酷い。内局としては普段なら断ったんだろうけれど、選挙絡みのパブリ
シティを断ったら、どんな報復をされるか解らないから、唯々諾々と応じたんで
しょうね。
 にしても誰か、「3週間振りの帰港なんですけど?」と官邸に言えなかったのか。

※ 「イヤホン大丈夫?」 安倍晋三首相が“因縁”のTBSキャスターに反撃?
http://www.sankei.com/politics/news/171009/plt1710090057-n1.html

 みっともないw。そもそも、こんな下らんことで意趣返ししてやれと吹き込む
チーム世耕って何なのよ。

※ 保岡宏武氏が立候補表明 父興治氏の引退受け 衆院鹿児島1区
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171009-00010005-nankainn-l46

 私は世襲を否定しない人間だけど、せめてどういう社会的経験をお持ちなのか
も同時に報じるべきよね。

※ 米国を「第3次世界大戦」に向かわせる、トランプ大統領と米有力議員が非難の応酬
http://www.afpbb.com/articles/-/3146021?cx_part=topstory

 でも北と米帝が戦争になっても第三次大戦にはならないでしょう。北京はどう
せ北を見殺しにするだろうし。

※ 天城の別荘地で不明、4歳児発見…頭蓋骨を骨折
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171009-OYT1T50044.html?from=ytop_main5

 機動隊の小隊長さんが感極まって泣いている姿が印象的だったけれど、それ以
上に、父親と爺さんの容貌のインパクトが強すぎて……。
 あの程度の人数で良く見つけたなと思うけれど、本来なら、前日の捜索で発見
出来ていなければならない。残念ながら、その人数はかき集められなかった。
 子供の行方不明事故では、人海戦術しか頼れないわけで、初動で何百人投入で
きるかが鍵になる。高齢化過疎化の中で、どれだけかき集められるか、自治体ご
とに精査の上、数の上積みが出来るよう普段から計画を練ってほしいですね。

※ 外国人実習生の宿舎待遇策 改善規定、3カ月で後退
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201710/CK2017100902000123.html

 現代の蟹工船だよね。その程度の待遇も用意できない所に国が関与しちゃ駄目よ。

※ “スーパー歌舞伎”中…市川猿之助さん重傷
http://www.news24.jp/articles/2017/10/09/07374624.html

 腕の骨折程度で済んで良かった。普通、その程度の怪我じゃ済まないでしょう。

※ 「東京にいても良いことない」と自嘲する都会人は寂れてしまった地方の実
態を知らない
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3008633

 こういう話になった時に、みんな勘違い...

バックナンバー

  1. ▲▽ノーヘル平和賞▽▲

    2017年12月11日発行

  2. ▲▽報復はいかに▽▲

    2017年12月10日発行

  3. ▲▽ボーナスは商品券で▽▲

    2017年12月09日発行

ページの先頭へ戻る