小池百合子代表は、孫子「謀を伐つ」に則り、「敵」安倍晋三首相の政治的意図と作戦動向を明察、巧みな計略によって打ち挫く

小池百合子代表は、孫子「謀を伐つ」に則り、「敵」安倍晋三首相の政治的意図と作戦動向を明察、巧みな計略によって打ち挫く

2017年10月13日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年10月13日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小池百合子代表は、孫子「謀を伐つ」に則り、「敵」安倍晋三首相の政治的意
図と作戦動向を明察、巧みな計略によって打ち挫く
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 【小池百合子代表「孫子の兵法」を駆使する】(第4回)
 小池百合子代表は、「敵」(安倍晋三首相)の「戦略・策謀」を熟知して総
選挙戦を展開している。安倍晋三首相の「政治戦略」は、「衆院で公明党を含
めて過半数(233議席、公明党35議席を引き、自民党単独では198議
席)を確保すること」である。2021年まで政権の座にいて、2020年夏
の東京オリンピック・パラリンピックに出席し、この間に悲願の憲法改正を行
い、歴史の教科書にその名を留めたい。この私利私欲を満足させるために「策
謀」を凝らし、「野党」の総選挙態勢が整わない状況に「勝機」を感じ、衆院
解散を断行した。
 孫子は、「謀攻篇第3」で、「彼を知り、己を知れば、百戦して殆(あや)
うからず」(敵を知り、己れを知っていれば、百戦しても危険はない)の名言を
残している。「敵を知る」とは、敵の「戦略・策謀」を熟知するという意味で
ある。
 小池百合子代表は、「謀を伐つ」に則り、安倍晋三首相の政治的意図と作戦
動向を明察し、巧みな計略によって、敵の謀を達成させないように全力を投入
して打ち砕く。しかし、安倍晋三首相を退陣させればよいのであって、自民党
の壊滅させるのが目的ではない。新人が当選すれば別だが、自民前職290人
から「92人」落選させれば、単独過半数割れに追い込める。そのための「巧
みな計略」とは?

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る