小池百合子代表、立憲民主党の枝野幸男代表、無所属の野田佳彦元首相が、「小沢一郎代表を首相に推薦」と宣言、勢いをつける

小池百合子代表、立憲民主党の枝野幸男代表、無所属の野田佳彦元首相が、「小沢一郎代表を首相に推薦」と宣言、勢いをつける

2017年10月15日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年10月15日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小池百合子代表、立憲民主党の枝野幸男代表、無所属の野田佳彦元首相が、
「小沢一郎代表を首相に推薦」と宣言、勢いをつける
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 【小池百合子代表「孫子の兵法」を駆使する】(第5回)
 小池百合子代表は、総選挙「中盤戦」冒頭(10月14日)、マスメディアか
ら「ボロクソ」に報じられている。「自公、300議席うかがう 希望、東京
で軒並み苦戦」(朝日新聞10月14日付け朝刊1面)、「小池降し始まる」
(日刊ゲンダイ10月14日付け紙面3面)等々。このままでは、小池百合子代
表の政治生命は、「東京都知事止まり」で終わりとなる。しかし、「死地」か
らの起死回生の道は、まだ残っている。それは、13日ブログで書いたよう
に、小池百合子代表自らが、「小沢一郎代表を首相候補として推薦する」と宣
言することである。立憲民主党の枝野幸男代表、無所属の野田佳彦元首相(民
進党幹事長)とともに共同記者会見するのもよかろう。3人とも「日本新党」
以来の仲間である。小池百合子代表は公示直前の10月6日、朝日新聞のイン
タビューに応じ、衆院選期間中に希望の「首相指名候補」を示すかどうかにつ
いて、「基本的にはない」と述べているが、「死地」に陥っているいまこそ、
「正式に小沢一郎代表の名前」を天下に公表すべきだ。「千仞(じん)の渓に決
した積水」(孫子の兵法―形(軍形)篇第4)は、「円石を千仞の高に転ずる」
(丸い石を八百丈の高山から転がり落とす)ことができると「勢(兵勢)篇第5」
は教示している。「勢い」というのは、造りだすものなのである。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る