▲▽番狂わせ▽▲

▲▽番狂わせ▽▲

2017年10月16日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽番狂わせ▽▲

※ 与党300超うかがう=希望伸び悩み、立憲躍進―共産後退も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171015-00000062-jij-pol
* 立憲民主党、ひょっとしてひょっとするかも
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171015-00193142-toyo-bus_all

 意外に伸びるだろうけれど、ひょっとしてはない。立ち上げが遅すぎたし、マ
スなメディアの心替えというか、心の準備が遅すぎた。
 小池新党ひょっとしたら行けるぞ! と一瞬期待したらあっという間にずっこ
けて、その反動で立憲が生まれたけれど、結局、非自民を割る結果になって、誰
を押せば良いのか戸惑っているのが、今のメディアでしょう。枝野さんには風が
吹いているけれど、あと6日ではどうにもならない。6日で浮動票の全ては起こ
せない。番狂わせはない。小池新党の失速こそ最初で最大、そして最後の番狂わ
せだった。

※ 若者はなぜ自民党を支持するのか? 「ネットで野党批判のまとめ記事を読
んでいるから」という説
https://news.nifty.com/article/economy/business/12117-7269/

 そもそも投票に行かない連中を集めて「若者は自民を支持している」と論評す
るのはナンセンス。

※ 残り1週間、選挙サンデーに各党首はどこで何を訴えた?
http://www.asahi.com/articles/ASKBH5TFVKBHUTFK016.html?iref=comtop_8_01

 ノクチですが、この土日、私がスピーカーの音を聞いたのは、自民の選挙カー
だけでした。それも一回だけ。希望も公明すら聞かなかったし、歩いていてもす
れ違いもしなかった。なぜか知らねど、今回は静かな選挙戦ですね。
 で特徴的なのは、アレ総理は地方ばっか回っているでしょう。これはとりもな
おさず、都会に来てカウンターを喰らってまた口を滑らせることを選対本部が恐
れてのことだけど、でも逆に言えば、今の自民て、放って置いても都市部で勝て
るようになったということですよね。神奈川選挙区だって、何処に行っても自民
が盤石な強みを持っている。
 革新勢力は比例でしか息してない。

※ 小池百合子をリセットした「排除」発言 引き出したジャーナリストが語る真相
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171014-00000044-sasahi-pol

 不思議なのは、小池さんは、都議会選で公明党の力を見せつけられ、組織力の
大きさを知ったはずなのに、この人も前原さんも、連合をどう考えていたのか?
 ですよ。
 連合は黙って着いてくるつもりでいたのか、それとも、連合に頼らず民進の金
さえあれば選挙が出来ると勘違いしていたのか。
 連合がどう動くか、連合をどう取り込むかを考えていなかったとしたら、前原
さんの責任は重大ですよ。

※ すべての政治は失敗します。それが何か?
http://www.huffingtonpost.jp/kenji-okada/failure-of-politics_a_23243616/?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

 戦争も同じよね。後知恵の集団が、神の視点で作戦失敗を難詰する。ただまあ、
経済運営で言えば、ここ5年間、地を這う状況だったのは、先進国中、日本だけ
だったことは忘れるべきでない。経済すらまともに回せなかった無能が政権が、
飢えに慣れた民衆を相手に、「この世は天国だ、俺は善政を敷いている」ととん
でもないペテンをやらかしているんだから。

※ 日本の消費増税は「明確な選択肢」、凍結論を否定=IMF幹部
http://jp.reuters.com/article/interview-imf-idJPKBN1CK001

 消費税論議なんてどうでんよか! ネットに価値があるとしたら、真の負担増、
消費税の倍の勢いで負担が増している社会保障費の負担増を暴くことですよ。
 日本の消費、景気の足を引っ張っているラスボス、社会保障費の負担増をどう
抑制するのかの議論こそすべき。それをこそ暴くべきよ。消費税論議なんて愚民
相手の政府の目くらましに過ぎない。

※ #衆院選 失敗続きの安倍外交(2017/10/15作成)
https://togetter.com/li/1161196

 実はそうなんだよね。安部外交で成功したものは一つも無い。せいぜいトラン
プとの関係構築くらいだけど、TPPの穴を埋められるものでもな...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る