「自民党単独300議席獲得で、公明党は切られる情勢」小池百合子代表は、公明党から、「票を回して欲しい」と申し入れられた。

「自民党単独300議席獲得で、公明党は切られる情勢」小池百合子代表は、公明党から、「票を回して欲しい」と申し入れられた。

2017年10月17日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年10月17日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自民党単独300議席獲得で、公明党は切られる情勢」小池百合子代表は、
公明党から、「票を回して欲しい」と申し入れられた。
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 【小池百合子代表「孫子の兵法」を駆使する】(第7回)
 「自民党単独300議席獲得で、公明党は切られる情勢」-毎日新聞は10
月13~15日、特別世論調査を実施し、中盤情勢を16日報じた。それによ
ると、「自民党は小選挙区、比例代表とも堅調で、単独で300議席を超える
可能性がある。希望の党は最大で54議席にとどまる見通しで、結成当初の勢
いは感じられない。立憲民主党は公示前勢力(15議席)を大きく上回る40
議席台を確保しそうだ」という。これを受けて、参院でも過半数を持つ自民党
が、「公明党との連立解消」を言い渡す情勢が高まっている。新党「希望の
党」の小池百合子代表は、公明党・創価学会から「自由投票にするので、希望
の党票を比例代表に回して欲しい」と申し入れられた。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る