▲▽無能な教師▽▲

▲▽無能な教師▽▲

2017年10月17日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽無能な教師▽▲

※ 安倍内閣 支持率は?調査日 2017年10月14日,15日 定期調査
http://news.tbs.co.jp/newsi_sp/yoron/backnumber/20171014/q1-2.html

>自民党32.8%
>希望の党5.2%
>公明党3.8%
>共産党3.2%
>立憲民主党7.3%
>日本維新の会1.8%
>(支持する政党はない)38.1%

 各社似たような数字で、立憲民主が第2党に上がっています。支持なし政党分
を掘り起こしての立憲民主の支持率上昇ですが、この非自民の票を纏められれば
大きなうねりになるのに、小選挙区制ではどうにもならんですね。支持なし勢力
を、立憲民主があとどのくらい掘り起こせるか。

※ 立憲民主党の応援、「保守」小林よしのり氏や新右翼も
http://www.asahi.com/articles/ASKBG7G18KBGUTFK00Z.html?iref=com_rnavi_srank

 よしりんがもう少し、経済に関心を持ってくれればねぇorz。世間の関心と支
持も広がるのに。

* 「金子恵美」に落選警報… 地元ブレーンから“絶縁宣言”
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171016-00531300-shincho-pol

 菊田さん、立憲民主に参加していれば当確が出たのに勿体無いことをした。

* モーゼと化した豊田真由子 街頭演説で人波が左右に割れる
http://news.livedoor.com/article/detail/13757272/

 ワロタw。さすがに自民が候補を立てている状況では芽はありません罠。

※ 長谷川豊がまたも炎上で「透析患者は殺せ」批判に法的処置をちらつかせ
る! 差別、自己責任...これが維新の正体だ!
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12218-6931/

 とにかく千葉市民はちゃんとこいつを落として欲しいけれど、たぶん維新とし
ては、関東に上京した元関西人の票が頼りなんでしょうね。その相当数が、維新
に票を入れてくれることを期待しているのでしょう。元関西人現千葉市民のモラ
ルが問われている。

※ 「聞いた人が身震いするくらい怒られていた」 中2自殺
http://www.asahi.com/articles/ASKBH7QRNKBHPTIL01D.html?iref=comtop_8_01
*小6から確執、「副担任代えて」母は訴えたが 中2自殺
http://news.livedoor.com/article/detail/13756476/

 ぐらしかねぇ。この事件の鍵は、過疎でしょう。福井市の隣だけど、山間部に
ある小さな自治体で、全校生徒は40名。子供にとって逃げ場がなかった。恐ら
く、生徒会活動とか本当は合わない性格だったんだけど、引き受けざるを得なか
った所に、無能な教師を引き当ててしまった。担任副担、せめてどっちかがまと
もな教師なら避けられた事態だったろうに。
 今後、過疎で生徒数が少ない学校が当たり前になると、こういう事件が増える
でしょう。罪のない子供たちを、無能な教師が追い詰めていく。生徒数がこのラ
インを割ったら、学校は統廃合するという明確な基準を設けるべき時期なのかも
知れない。

※ 弁護士殺害、秋田県への請求退ける 警官が被害者を犯人と誤認「非難できない」
http://www.sankei.com/affairs/news/171016/afr1710160017-n1.html

>「秋田県では凶悪事件の発生が少なく、日頃から本件のような突発的な事案に
対応することができるだけの訓練や意識の涵養が十分でなかったことから、現場
で適切に対応することができなかったと考えられる」
>県警も事件当初、「勘違いした」と間違いを事実上認めていたが、その後一転
して否定し、訴訟でも「違法性や過失はない」と反論していた。

 ちょっとこの判決はあり得ない。警察の完全なコントロール下で発生した事件
であって、理由の如何を問わず、責任は警察が負うしかない。
 警察の未熟さを指摘するのはちと疑問です。銃器が目の前にあるというのは、
極めてクリティカルな状況であって、田舎の警察だからミスしたなんて指摘は気
の毒です。とはいえ、当事者である警察が責任を認めていないのはどうかと思う。

※ 寒~いお湿り…都心、46年ぶりに15度下回る
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171016-OYT1T50067.htm...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る