進化するTASUTAYA

進化するTASUTAYA

2017年10月18日発行


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「視点を広げる - 大西宏のマーケティ ング発想塾」

2017年10月18日号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■



進化するTASUTAYA



2015年11月にビジネス・ジャーナルで、動画配信サイトの攻勢の影響をうけて、テレビ、あるいはビデオレンタルのビジネスは転換を迫られてくると書きました。動画配信でもアマゾンは台風の目です。プライム会員は無料で視聴できることもあって、利用者数を大きく伸ばしはじめています。そうなるとカルチャー・コンビニエンス・クラブ(CCC)のレンタル・ビジネスは、厳しいビジネスモデル間の競争に晒されます。
有料動画配信サービスの利用率

 利用している有料の動画配信サービスTOP10(複数回答)

有料の動画配信サービス利用率は9.6%、利用経験者は16.3%に 『動画配信ビジネス調査報告書2017』6月19日発売 - 株式会社インプレス :

そのCCCのTSUTAYAで、月額1000円でDVDやBDの借り放題、動画配信見放題のサービスをはじめたり、また閉店が目立ち始めているようです。ビデオレンタルビジネスも逆風、CDレンタルも、音楽市場がCDからライブへと大きく変化し、こちらも逆風が吹いています。
相次ぐTSUTAYA閉店 ネット配信に押され :日本経済新聞 :

CCCは、そんな逆風に押し流され、TSUTAYAで採算がとれない店が増えてきたということでしょうか。それよりもそもそもCCCの業績はどうなっているのでしょうか。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る