(352)佳境を迎えているJリーグ。優勝の行方を左右するポジションと選手とは

(352)佳境を迎えているJリーグ。優勝の行方を左右するポジションと選手とは

2017年10月18日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メールマガジン「杉山茂樹のたかがサッカー、されどサッカー。」
(352)佳境を迎えているJリーグ。優勝の行方を左右するポジションと選手とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
読者の皆様へ
 毎週、ご購読していただき誠にありがとうございます。発行元のLINE社より、「BLOGOSメルマガ」が来年3月をもって終了する旨の通知がありました。
 私、杉山茂樹のメルマガは、その後も別のプラットフォームで通常どおり発信していきます。読者の皆様には誠にお手数をおかけいたしますが、以下のプラットフォームへの移行をお願いできますと幸いです。
https://news.yahoo.co.jp/byline/sugiyamashigeki/
 これからも面白いメルマガ記事の発信に、励むつもりです。
 引き続き、ご愛読のほど、よろしくお願いします。 杉山茂樹
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 終盤を迎え、鹿島と川崎に優勝争いが絞られているJリーグ。前節、首位を行く鹿島が広島に2−0で勝利する一方、2位の川崎は、仙台に逆転勝ちを収めた。両者の勝ち点差5に変わりはなし。得失点差では川崎が上回るので、その差を野球式に言えば、1.5ゲーム差未満となる。

 鹿島に与えられている余裕は、川崎が今後、全勝すれば1敗分しかない。まだまだ予断を許さない状況にあるーーとの想いは、広島戦を見ていると、なおさら膨らむのだった。

 2−0で勝ったけれど苦戦。降格争いの渦中にいる広島相手に、一歩間違えば、引き分けてもおかしくない試合をした。それでも2−0で勝ってしまうところが鹿島たる所以なのだが、それ以上に触れたくなるのは、広島の善戦ぶりだ。鹿島苦戦の原因は、広島の戦い方にあった。

 ヤン・ヨンソン監督が就任したのは7月11日。鹿島戦前までの10試合を4勝4分け2敗で乗りきってきた。2勝5分け11敗だった森保時代とは、全く別のチームかと思わせるほど、見事に息を吹き返してきた。ヨンソン監督の力を思わずにはいられない。

 森保一前監督との違いは何か。分かりやすいのは布陣だ。前任監督の基本布陣は3−4−2−1。対するヨンソン監督は4−2−3−1。森保時代、後方だったボールを奪う位置が、ヨンソン就任後、上昇した。前線からプレッシャーを掛けていくサッカーだ。サイドの人数も森保式が各1人なのに対し、ヨンソン式は各2人。ウイングバックの単独攻撃に頼るサッカーから、2人がかりでサイドを埋めるサッカーに変化した。いわゆる浅い攻撃から、深みのある攻撃へと変化した。

 これが、鹿島にはピタリとはまった。9月28日発行のメルマガにも記したとおり、鹿島の生命線は両サイドバック(右・西大伍、左・山本脩人)だ。この2人が攻撃に効果的に絡むことで、そのよいサッカーは成立している。そこをどう抑えるか。ヨンソン監督率いる広島は、その答えを見るようなサッカーを繰り広げた。

 4−2−3—1の3の両サイドを、近距離でマッチアップさせることで、その攻め上がりを高い位置で抑えることに成功した。両サイドバックと両サイドハーフの関係が分断されることになった鹿島は、いつもに比べ、攻撃が真ん中に偏った。そこに呼び込まれてしまう格好になった。深みのある攻撃ができなくな...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る