安倍晋三首相が「自民党310議席獲得で公明党との連立解消」を決断、小沢一郎代表は、極めて冷静、上策を秘めている

安倍晋三首相が「自民党310議席獲得で公明党との連立解消」を決断、小沢一郎代表は、極めて冷静、上策を秘めている

2017年10月20日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  20XX年XX月XX日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍晋三首相が「自民党310議席獲得で公明党との連立解消」を決断、小沢
一郎代表は、極めて冷静、上策を秘めている
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 【小池百合子代表「孫子の兵法」を駆使する】(第10回)
「自民党310議席獲得で公明党との連立解消へ」-安倍晋三首相は、首相公
邸に側近10人を集めて、「総選挙後、公明党との連立を解消する」ことを極
秘で決めたという。希望の党の小池百合子代表が、民進党からの全員合流を勧
める小沢一郎代表のアドバイスをかなり高飛車に拒否して、「排除の論理」を
押し切った結果、「希望の党」が失速したのを大喜びしているという。小沢一
郎代表は、「敵を料(はか)り勝ちを制し、険易遠近を計るは、上将の道な
り」(敵の企みを見破り、地形の険易を研究し、道のりの遠近を計算し、勝利
の計画を立てる。以上が将軍の責任である)-「孫子の兵法 地形篇第10」
の教え通り、極めて冷静である。上策を秘めているからだ。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る