▲▽田園都市線▽▲

▲▽田園都市線▽▲

2017年10月20日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽田園都市線▽▲

※ アベノミクス成果と誇るが公金ジャブジャブ60兆円 株高“演出”の異常
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-10-19/2017101904_01_1.html

 弾幕薄いぞ! 日共。しかし、誰も経済でまともな議論をしようとしないのね。
昨夜、小池さんが古巣のWBSのインタビューに応じていたけれど、党首インタ
ビューとは思えないほど、付け焼き刃な知識しか持っていなかった。

※ トランプ氏、護衛艦視察案が浮上 11月来日時
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017101901001543.html

 だって誰も呼んでくれないんだもんw。シンゾーと日がな一日、ゴルフして過
ごすわけにもいかんでしょう。

※ 遺族への電話「勇気ある」=首席補佐官が大統領擁護-米
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102000268&g=int
*ブッシュ元大統領、トランプ政権を暗に非難 「偏狭さの助長」警鐘
http://news.livedoor.com/article/detail/13772753/

 その息子さんを亡くしたケリー首席補佐官が批判の対応に当たらされて、記者
会見の場に出て来て、どういう手順で、遺体が戦場から帰ってくるかを唐突に喋
り始めて、息子の場合は、一緒に戦った戦友から次々と電話が掛かってきて……、
みたいなことを言ったら、そらどんな過激な記者も何も言えません罠。
 またトランプが黙ってりゃいいのに、大統領が戦死者の遺族に電話を掛けたこ
とはない、とか大嘘こいて、昨日は、ブッシュの息子までが、「偏狭なナショナ
リズムが国を分断している。移民こそがこの国のダイナミズムだ」とかスピーチ
していた。あのバカ・ブッシュにすらそんなこと言われるなんて。

※ また田園都市線!相次ぐ故障にウンザリの声
http://toyokeizai.net/articles/-/193884

 たまたま、止まった直後に、運行情報のサイトにアクセスして事故を知りまし
た。で、全然復旧しないので様子を見守っていたら、そのままお昼のニュースの
時間帯になって、そこで「一部を除いて運行を再開しました」とか言ってて、ニ
ュースを見ながら「いやいや、肝心の渋谷-二子玉間が動いていないのに、運行
再開とか復旧とか言っちゃ駄目だからw」と突っ込みいれていたのですが。
 これ、電車は止まった時も車内の灯りは点いていて、単純に三茶駅構内のトラ
ブルだったんですね。なら、ホームから客を追い出した上で、三茶をスルーして
運行再開すれば良いだけの話でしょう? 何でその程度の機転が利かないのか不
思議です。こういうトラブルは当然想定されるべきなのに。

 ただ、一般論として田園都市線がトラブルが多いという印象は全くありません。
普段乗っているのが、南武線、横須賀線だから、南武線は、路線が短いからトラ
ブルは知れているけれど、スカ線のトラブルは半端ないから(何しろ併走してい
る東海道線、京浜東北線のトラブルに巻き込まれる)、田園都市線なんて立派な
ものですよ。

※ ネチネチと度を超した指導の副担任、放置した担任、職責果たさぬ校長ら…
報告書全文版「学校対応に問題あった」
http://www.sankei.com/west/news/171020/wst1710200014-n1.html

 担任副担校長、出てこい! ゴルウァ。カメラの前で土下座して切腹してみせろ。

※ 「新品」を欲しがる自衛隊的発想、米陸軍少将が批判
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51388?display=b

>同盟国のアパッチ戦闘ヘリやブラックホーク輸送ヘリが調達までに5年もかか
ったり、維持整備の失敗により、稼働できずに置物状態になることを望んでいない。

 四半世紀も掛けて戦闘ヘリを20機も揃えられなかった某国が通りますよ、とw。

※ 水漏れに空調故障、そして遅延・・・日本製の高速列車が英国で散々なデビ
ュー=中国メディア
http://news.searchina.net/id/1646209?page=1

 このデビューを報じた日本の主要メディアは、ご招待取材だったからか、こう
いうトラブルをほとんどまともに報じなかったのね。昨夜のWBSで詳しく報じ
ていたけれど、ライバルの合併とかあって、前途洋々というわけにはいかないみ
たいですね。

※ 神戸製鋼「社員向け」掲示板が「阿鼻叫喚」 「娘がいるんだ!」「家の
ローンが!」
https://www....

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る