▲▽敵前逃亡▽▲

▲▽敵前逃亡▽▲

2017年10月22日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽敵前逃亡▽▲

 明日朝、関東南部に上陸する台風ですが、幸い九州を逸れてくれたお陰で、勢
力が良く解らないんだけど、実はもの凄く強力な台風です。関東地方は長雨が続
き、しかも上陸は満潮時と重なります。関東地方の皆様は、お気を付け下さい。
 息子たちの学校は、長男の方は、早々と昨日の内に休校の案内が来たけれど、
次男の方は、明日朝まで連絡は来ないらしい。

※ 最終盤で情勢急変…立憲猛追で安倍自民は“最大80議席減”
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216070/1

 本当か! ほんまか!(>_<)、信じてええのんかぁ! てゲンダイよ。お
まいは明日、そのまま勝利宣言が出来るんだろうなw。

 今日は天気が悪そうなので、昨日の11時前後だったのかな、初めて投票する
長男を連れて家族三人で高津区役所に出向きました。したらなんと、雨が降って
いるにも関わらず、歩道まで長蛇の列! え~! ここは舞浜かよ~? 状態。
「最後尾から40分待ちです」とか言ってる。
 あんたら、金曜の内に、こうなると解っていたじゃん! なんで人員増しなか
ったのよ。昨日は日本中で、アトラクションの行列待ち状態になったそうですが。
 駅前で伝説バトルが始まる時間だったので、私は今日出直すことにしてさっさ
と行列を抜ける。長男に「政権与党には入れない、現役市長には入れない。最高
裁判事は全員怒りの×印で意思表示せよ。それが我が家の家訓だ! 自民党に投
票するような人間の屑になるんじゃないぞ!」と行列の中で檄を飛ばして送り出す。

* で、女房は一時間近く並ばされたせいで、すっかり体力を奪われて、午後は
ずっと寝込む羽目になったんだけど、ああいう形での投票はお年寄りや病人には
無理でしょう。明日、天候が悪いから、外出がきついという人々が事前投票に殺
到するのに、肝心の弱者への配慮が全く無いのは、行政サービスとしてどうなの
よ? 投票は基本的人権の最たるものなのに、その程度のサービスすら考えられ
ていない。

※ パリ出張中「代表代行は樽床伸二氏に」希望の党、小池百合子代表…選挙戦「厳しい戦い」
http://www.sankei.com/politics/news/171021/plt1710210118-n1.html

 明かな敵前逃亡だよね。行っても行かなくても叩かれる話だけど、少なくとも
今回に関しては、「台風対応」という堂々とした理由で欠席できたのに。
 よほど党首インタビューで叩かれるのが嫌だったんでしょう。こういう、覚悟
もない無能で臆病な人間に党首や国の代表を務める資格は無い。

※ 迫る衆院選の前に徹底検証 アベノミクスで庶民の給料が上がらなかったワケ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171020-00010875-jprime-pol

>「アベノミクスは『金融緩和』『財政出動』『成長戦略』が3本の矢として放
たれた結果、金融緩和が最大の効果を上げました。
>ところが、安倍政権下の5年弱の間に、実質賃金は3%も下がっている。

 「成長戦略」なんて一切効いてないでしょう。そもそもそんなものあったか?w。
財政出動は微妙な所で、国家予算の3割4割を毎年国債発行に頼っている状況下
で、「財政出動やっていない」というのも、なかなか世間の同意が得られないと
思うけれど、実は安倍政権は財政出動とはほとんど無縁だった。財政再建優先で、
目先の税収回復に惑わされて、財政出動を渋ったことが、2016年の落ち込み
の原因だったことは明かだと言われている。
 つまりアレノミクスには、金融緩和しかなかったんです。日本はこの5年間、
何の景気対策も為されないまま、全く無駄な時間を過ごしたんです。

※ 44歳ひきこもり「僕もお金を稼ぎたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171021-00023448-president-soci

 本当に、福祉制度の穴ですよね。昔はこういう人はムラ社会が育み、ムラ社会
の中で老いて行ったのに、今では家族で抱え込むしかない。
 ムラ社会の代わりになるようなNGOを日本中に立ち上げて、それを行政がサ
ポートして、社会に参加させるようにしないと。

※ 死にたくても死なせてもらえない 「長生き地獄」現場の実態
http://news.livedoor.com/article/detail/13779299/

>延命治療は愛情? 家族のエゴ? 残酷な最期を強いる「長生き地獄」の現場

 日本という巨大なムラ社会が、それを許さない...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る