小沢一郎代表の「野党結集」が再評価、二階俊博幹事長は、小池百合子知事を辞任に追い込む「リコール運動」を起こす

小沢一郎代表の「野党結集」が再評価、二階俊博幹事長は、小池百合子知事を辞任に追い込む「リコール運動」を起こす

2017年10月24日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年10月24日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
小沢一郎代表の「野党結集」が再評価、二階俊博幹事長は、小池百合子知事を
辞任に追い込む「リコール運動」を起こす
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 「小沢一郎政権誕生を望んでいる」天皇陛下を戴く支配層「ゴールドマン・
ファミリーズ・グループ」(米ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士
など世界銀行300人委員会メンバー)は、小沢一郎代表による政権交代を前
にして、新党「希望の党」の小池百合子代表(東京都知事)の傲慢不遜な態度
が禍して、野党が自民党284議席・公明29議席計312議席(3分の2=
310議席)を許して失敗したことを遺憾としている。しかし、小池百合子代
表によって「希望の党」への合流を排除されて、「死地」に陥れられたメン
バーが結党した「立憲民主党(枝野幸男代表=元官房長官)が55議席、無所
属が18議席を共産党の協力により、獲得できた。このことから「共産党を含
む野党結集」(最善の策は新党、次善の策は、緩やかな政党連合「オリーブの
木」)を提唱し続けてきた小沢一郎代表の戦略・戦術が「正しかった」と反
省、再評価している。このため、世界支配層は、「立憲民主党、共産党、自由
党、社民党など」による野党結集を実現して、次の総選挙に勝利して、小沢一
郎政権を誕生させるよう待望している。ちなみに、自民党の二階俊博幹事長
は、東京都の小池百合子知事を辞任に追い込むべく、「リコール運動」を起こ
す準備を進めているという。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る