ニトリはグローバル企業に進化できるか

ニトリはグローバル企業に進化できるか

2017年10月25日発行


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
「視点を広げる - 大西宏のマーケティ ング発想塾」

2017年10月25日号
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


お知らせ
Glogosメルマガサービスは、2018年3月で終了します。ご購読していただいているみなさまには、ぜひ切りのいいところで、引き続き、Foomiiのメルマガでご購読いただきますようお願い申し上げます。

Foomiiメルマガの購読お申込みはこちらです。
「視点を広げる - 大西宏のマーケティング発想塾」 :: 有料メルマガ配信サービス「フーミー」 :




ニトリはグローバル企業に進化できるか



今、伸びている小売業といえば、ECの巨人アマゾン、ZOZOTOWNのスタートトゥデイ、ドンキホーテ、ニトリ、ダイソーといった企業が思い浮かびますが、皆さまはどの企業を注目されていますか。

アマゾンは2015年の小売業の売上高ランキングで10位でしたが、これは物販の売上高で、音楽や映像配信などのサービス売上高を加えるとすでに売上高は10兆円をゆうに超えているので実質は上位5位以内の実力で、しかも2010年から2015年の年平均成長率が20.8%と群を抜く成長率なので、ウォールマートに次ぐ小売業になる日も間近というところでしょうか。

しかもアマゾンにはアパレルのイメージがあまりありませんが、金融サービス会社Cowen & Co.が昨年10月に出したレポートによると、すでにアパレルの売上は280億ドル(約3兆円)で、メイシーズも抜いて、全米トップのアパレル小売業になっています。
Amazonがアメリカ最大のアパレル小売業に | BUSINESS INSIDER JAPAN :

その巨人アマゾンと比べるとまだまだ規模は小さいとはいえ、先にあげた企業は、いずれも個性的で高い成長率を維持し続けています。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る