▲▽関ヶ原選挙▽▲

▲▽関ヶ原選挙▽▲

2017年10月26日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽関ヶ原選挙▽▲

※ 民進党が死守する140億円…前原代表に「除名だ」の声噴出
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216261

 民進の混乱も、要はその140億をどうするかのお話で、それが纏まる形での
辞任や離合集散に向かうわけです。

※ <衆院選 民意はどこへ>(上) 野党競合 自民に利
http://www.tokyo-np.co.jp/article/chiba/list/201710/CK2017102502000149.html

>比例南関東ブロックの得票では、自民・公明の与党を、立民、希望、共産、社
民の四野党の合計が上回っている。

 そうは言っても、数として纏まらなかったわけで。民主主義は数の論理だけど、
それだって、システムにソフィスティケートされた集団が勝つのは当たり前の話
で、それを阻止したいのであれば、反対勢力が纏まるしか無い。

※ 橋下氏、維新法律顧問を辞任…ツイッターで激怒
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171026-OYT1T50045.html?from=ytop_main1

 これは橋下さん駄目でしょう。だって関東だけ転けましたというならともかく、
関西ですら負けたわけでしょう。関東の支持者にしてみれば、どこのバカが長谷
川なんぞ担いだんだ? という思いも当然あるわけで、執行部の責任云々になる
のは当たり前の話。

※ 歴史家・加来耕三「小池百合子は関ケ原の戦いに敗れた総大将・毛利輝元だ」
https://dot.asahi.com/wa/2017102400069.html?page=1

 これは凄く面白い。すると、おらが島津の立ち位置には誰がいるんだろう。

※ 焦点:政府、2%手前でのデフレ脱却宣言検討 緩和継続も期待
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000041-reut-bus_all

 はぁw。政府が脱却宣言した所で、デフレは収まらないよねんw。

※ 傷害で逮捕のフジ社員 男性の顔面を踏みつけた本当の理由
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/newsx/216239

 こんなに清々すぃニュースを提供してくれて、有り難う! CXw。

※ ドライブレコーダーがとらえた「あおり運転」の一部始終 身を守る3つの対策とは?
https://www.j-cast.com/tv/2017/10/25312078.html

 あおり行為を減らすのは、ひとえに警察の意気込みに懸かっています。どんな
些細なあおり行為も見逃さない。110番さえして動画もばっちりなら、必ず起
訴して免許を取り上げるという厳罰を全国で徹底できれば、これは飲酒運転と同
様に、あっという間に激減するでしょう。
 ドライバーがすべきは、ドラレコを装備して、必ず110番することです。

※ 漫画「憲法9条を改正したほうが戦争を防げる」が大反響
http://netgeek.biz/archives/105253

 話はわかるけど、キャラ絵がいまいちよ。

※ 日本のF2戦闘機と中国のJ10戦闘機、アジアの空の王者はどっちだ―中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/13796456/

 J10は未知の戦闘機であることが強みなんです。箱入り娘だから、本当のパ
フォーマンスや弱点を知りようが無い。中国が欧米を見習って、きちんとロシア
の技術を入れてアップデートができれば、良い戦闘機に育つでしょう。どこかの
駄目駄目な国みたいに、作ったっきり、買ったきり、改装は10年掛かりなんて
無様なことにならなければ。きっと中国は、日本の装備開発も反面教師にしますよ。

※ 被告の男「無期懲役だと開き直る」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171025-00000476-fnn-soci

>男は「有期刑であれば更生意欲が強くなるが、無期懲役だと開き直ってしまう」と主張

 これは難しい話だと思います。世間のマジョリティとしては、「別にあんたに
更生して欲しいなんて誰も思ってないからw」、で済む話だけど、でも文明社会
では、刑法は、更生させることを目的としている。
 刑事罰は、更生が主目的なはずなのに、無期懲役や死刑が存在するのは明らか
に矛盾してるでしょう。もちろんどんな些細な事件でも、被害者は許せないだろ
うし、世間の加罰感情も強いから、無期も死刑制度も...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る