加計学園「獣医学新設贈収賄事件」の証拠は、国家戦略特別区域諮問会議の有力な有識者議員が、捜査当局に提出した

加計学園「獣医学新設贈収賄事件」の証拠は、国家戦略特別区域諮問会議の有力な有識者議員が、捜査当局に提出した

2017年10月27日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年10月27日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
加計学園「獣医学新設贈収賄事件」の証拠は、国家戦略特別区域諮問会議の有
力な有識者議員が、捜査当局に提出した
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕 
 東京地検特捜部(森本宏特捜部長=9月11日付で就任)は、今治市内の国
家戦略特区に建設中の岡山理科大学獣医学部新設をめぐる「贈収賄事件」で安
倍晋三首相、萩生田光一自民党幹事長代行(千葉科学大学名誉客員教授、前内
閣官房副長官兼内閣人事局長、元文部科学大臣政務官)を「収賄容疑」、安倍
晋三首相の40年来の親友である学校法人「加計学園」の加計孝太郎理事長を
「贈賄容疑」で内偵中のところ、11月中旬には、強制捜査に踏み切る方針を
決めた。これは、確たる証拠を手に入れているからだ。犯罪を裏付ける証拠
「関係資料」は、国家戦略特別区域諮問会議(議長:安倍晋三首相)の有力な
有識者議員(一身上の都合で安倍晋三首相に辞表を提出しているけれど、正式
に受理されていないという)が、幇助罪容疑を免れるために東京地検に提出し
ていたので、もはや逃れる術はない。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る