天皇陛下を戴く世界支配層は、「MSA巨額資金」送金ルートから三菱東京UFJ銀行を外すことを検討している

天皇陛下を戴く世界支配層は、「MSA巨額資金」送金ルートから三菱東京UFJ銀行を外すことを検討している

2017年10月29日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年10月29日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
天皇陛下を戴く世界支配層は、「MSA巨額資金」送金ルートから三菱東京U
FJ銀行を外すことを検討している
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 天皇陛下を戴く世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」は、
日米相互援助協定「MSA協定」に基づいて世界銀行・IMFが運用している
巨額資金の「運用益」を日本銀行→メガバンクを通じて、G20などに分配し
て送金している。だが、「3大メガバンク」のなかから、日本の一角を占めて
いる三菱東京UFJ銀行(BTMU、本部:東京都 東京 千代田区丸の内2-7
-1、三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の完全子会社で都市銀行)を、
「MSA巨額資金」送金ルートから外して、三井住友フィナンシャル・グルー
プ、みずほフィナンシャル・グループの2つの銀行グループに限ることを検討
しているという。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る