▲▽観閲式中止▽▲

▲▽観閲式中止▽▲

2017年10月29日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽観閲式中止▽▲

※ 航空観閲式、悪天候のため中止決定 観閲式中止は2001年以来
http://flyteam.jp/news/article/86099

 珍しい機体もエントリーされていたのに残念ですね。せっかく人手と時間を費
やして準備したのに。

※ 自民 石破氏「選択肢示すのは大事」 総裁選立候補へ意欲
https://mainichi.jp/articles/20171029/k00/00m/010/084000c

 石破さんはたぶん立つでしょう。これが最後のチャンスになるだろうし、ここ
で立たないと、派閥の求心力を失うから。
 逆に、アレ総理が立つかどうかは、直近の支持率次第。支持率が高ければ、憲
法改正をやり遂げるためにも立つ。逆に支持率が低ければ、岸田さんへの禅譲と
いう形でのフィクサー化を狙うでしょう。ただ、野田さんも出ると言っているか
ら、三つどもえになると、結果は読み辛い。
 どっちにしても、秋の総裁選を睨むと、憲法論議は一年間、お休みになりそう
な気がします。

※ 小池氏、「排除」発言きっかけ作ったフリー記者を無視
http://www.asahi.com/articles/ASKBW5H2PKBWUTIL043.html

 ほんとにみっともない。下らない意趣返しで、人間の小ささがテレビ画面から
如実に伝わるというか、ダダ漏れしてくる。
 またこの人の質問が厳しいんだけど、でもそう聞こえてしまうのは、マスなメ
ディアの連中がなあなあの優しい質問ばかりして甘やかすから、フリーの質問が
厳しく聞こえてしまうだけのね。
 しかも、小池さんがそうやって「はい、次の質問!」と言って逃げるのを、他
の記者の誰一人「ちゃんと答えろよ?」とか止めないのね。

※ 「沖縄2紙は中国の脅威伝えない」百田尚樹氏が名護で講演 言い掛かりつ
ける沖タイ記者と“場外バトル”も
http://news.livedoor.com/article/detail/13815743/

 中国の脅威を伝えないのは別にどうってことはない。商売として考えれば、今
は大陸からのインバウンドを揉み手で迎えるべき時期であって、客の悪口を言っ
ても仕方無い。
 沖縄2紙の問題点は、その度が過ぎた米軍&自衛隊忌避。半分は、交付金をせ
しめるためのパフォーマンスだと割切っても、ロジカルではないオスプレイ叩き
とか正直、どうよと思う。

※ 「遺志受け継ぎ、国民の命と平和な暮らし守り抜く」 安倍晋三首相、殉職
隊員に追悼の辞
http://news.livedoor.com/article/detail/13812594/

>昨年9月1日から今年8月31日までに公務による死亡の認定を受けた25柱
の名簿が新たに奉納

 一年で25人というのは多すぎですねorz。最近事故原因が明らかにされた自
衛隊機の事故は、全て、基本に従っていれば防げた事故でした。で、パイロット
は、どうしてもベテランになればなるほど自己流を通すようになってしまうから、
基本に立ち返るための訓練も欠かせないのに、どうもそれが疎かになっているよ
うな気がします。
 シミュレーターの導入等で、基本に立ち返る訓練の機会を増やすべきだと思う。合掌。

※ 中国崩壊本の崩壊カウントダウン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171027-00010004-newsweek-int
*市場から逃げ、統制に頼る 習近平の支配(中)
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22848490Y7A021C1MM8000/?dg=1&nf=1

 そう言えば韓国崩壊本はどうなったんだろう。でも、危機ってのは、繁栄の絶
頂に忍び寄るものよね。

※ 韓国で「反日疲れ」のムード漂う?文在寅大統領に韓国民が不満か
http://news.livedoor.com/article/detail/13803978/

 チョッパリよ。右手にキムチ、左手に反日、反日はウリにとって三度の飯のお
かずニダよw。疲れるはずもない。おっと! 食卓には独島の写真を飾るニダ。
今夜も反日侮日でメシウマ!w。

※ 三菱UFJ、店舗2割削減を検討 みずほも人員大幅減へ
http://www.asahi.com/articles/ASKBX5JTFKBXULFA00G.html?iref=comtop_8_01

 いやぁ、こんなんでリストラしていたら、毎年百万人単位で職が失われますよ
ね。新陳代謝を何より嫌う、恐竜みたいなこの国で、それに見合う新しい仕事な
んて生まれないでしょう。でも銀行は、自分自身で...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る