▲▽質問時間▽▲

▲▽質問時間▽▲

2017年10月30日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽質問時間▽▲

※ 安倍首相、諸問題「丁寧に答える」はずが野党質問時間削減検討を指示
http://www.hochi.co.jp/topics/20171028-OHT1T50255.html

>希望の党幹部も「事実上の質問封じだ」。与党寄りの立場を示すケースが多い
日本維新の会幹部も「とんでもない暴挙だ」

 別に暴挙だとは思わないけれど、私も与党の質問は要らないと思いますよ。言
いたいことがあれば党内で済むし、官僚を呼べば課長級が来てくれるんだし。
 地元の有権者にアピールしたければ、それで得た実績をアピールすれば良いで
しょう。野党にはそれが出来ないんだから。政府を追及している絵が欲しいとし
たら、それは贅沢ですよ。それくらい野党に譲ってやれば良い。
 ただ、有権者の側にも問題があって、国会で議員さんが何をやっているのかを
伝えるのって大変なのね。活動報告とかの手紙や葉書を無作為に出した所で、有
権者の記憶に残るのは、結局は、あの橋を架けて貰ったとか、ニュースで果敢に
政府を追及する政治家の絵だったりする。有権者のレベルにあったパフォーマン
スをしようとすると、それしかなかったりする。

※ 今の北朝鮮に冷戦時の米ソ以上の“慎重かつ確実”な核兵器マネージメント
を望めるのか?
http://news.livedoor.com/article/detail/13767735/

>「冷静に考えて、金正恩(キム・ジョンウン)が核ミサイルを撃つわけがな
い」という見立ては、あまりに楽観的な“合理主義者のお花畑論”なのです。

 この人は、こんなネトウヨみたいな乱暴なことを言う人だったの? がっかり。
 冷静に考えなくても核兵器なんか使わないでしょう。それをやったら滅亡する
んだから。ただし、指導者の頭の中身に関して断言できない。
 指揮系統や核管理がいい加減だ(かも知れない)というのと、意図として核を
使うかも知れないというのは全くの別問題です。本当にハーバードを出てんの?

※ 冷血の経団連 国民に痛みを強いてでも消費増税実現を提言
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/216327

 経団連が消費税増に賛成するのは当たり前の話で、増税を先延ばししたお陰で、
この負担増を会社が被らされているわけで。ただ、こんな目くらましに引っかか
るゲンダイて何なのよw。焦点は消費税増じゃない。

※ 世界記憶遺産 慰安婦資料登録巡り「歴史戦」過熱
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000017-yonh-kr

 チョッパリよ。ウリは国運を懸けてやり遂げるニダ!
 難しいのは、個人的には、これが通ったら10年くらいユネスコに戻らなくて
も良いと思うけれど、日本だってユネスコのお墨付きで商売しているわけで、そ
れをチャラにしてまで、こちらの筋を通せるかですよね。
 で、仮に通ってしまった後に、脱退とかしても意味は無いわけです。それが撤
回されることはまずないから。何を決定するにしても、一方的に日本が損するこ
とになる。こちらの言い分が通れば良いですけどね。

※ 参加予定2万8千人へ参加費返金なし 台風22号で中止の横浜マラソン
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00021476-kana-l14

 準備にもお金は掛かっているだろうから全額返すというわけにはいかないだろ
うけれど、若干は返すべきよね。行政がどの程度関与しているか知らないけれど、
そもそもその参加費用は妥当なんだろうか。1万5千円?

※ アートコーポレーション元従業員、引越事故賠償金で11万円以上天引き……
給与明細はマイナスに アート側は「問題ない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171029-00000002-it_nlab-life

 会社が問題無いと言うなら、あとは労基署の出番よね。労基署が無問題という
なら、業界に的を絞って法改正するしかない。

※ 正体不明の粒子「暗黒物質」、国内観測終了へ
http://www.yomiuri.co.jp/science/20171028-OYT1T50134.html?from=ytop_main2

 今こそ、声を大にして叫ぼう! 「2番じゃ駄目なんです!」と。ただ、この
やり方を拡大するだけで、見つかったかどうか……。

※ ステルス戦闘機F35に深刻な問題 米監査院が警鐘
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/163...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る