自民党最大派閥「清和会」と「大宏池会」の対立抗争に、玉木雄一郎衆院議員の「希望の党」が割って入る可能性が大

自民党最大派閥「清和会」と「大宏池会」の対立抗争に、玉木雄一郎衆院議員の「希望の党」が割って入る可能性が大

2017年11月03日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年11月3日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
自民党最大派閥「清和会」と「大宏池会」の対立抗争に、玉木雄一郎衆院議員
の「希望の党」が割って入る可能性が大
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 希望の党は、「8日告示-10日投開票」の日程で行う予定の共同代表選の
結果、民進党出身の玉木雄一郎衆院議員が選出された場合、面白い構図が生ま
れる。それは、池田勇人元首相が創設した自民党派閥「宏池会」の第3代会長
を務めた大平正芳元首相の「直系」と目されているからだ。小沢一郎代表は、
元大蔵・財務官僚の玉木雄一郎衆院議員を後継者として育てつつある。片や自
民党では、「第5代宏池会会長」を務めた宮沢喜一元首相の流れを組む岸田文
雄政調会長(前外相)を「宏池会」ゆかりの政治家が「大宏池会」構想の下に
結集しようとしているので、最大派閥「清和会」(細田博之会長=元官房長
官)と「大
宏池会」の対立抗争に、玉木雄一郎衆院議員の「希望の党」が割って入る可能
性が大である。併せて、小沢一郎代表の「政権取り戦略」の本命が見えてき
た。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る