▲▽相場の錬金術師▽▲

▲▽相場の錬金術師▽▲

2017年11月03日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽相場の錬金術師▽▲

※ トランプ大統領が北朝鮮攻撃を決断する「来日時の、ある条件」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53397

 まだこんなことを言っている人が居て呆れる。周辺各国の了解云々なんて話で
ことが片付くなら、とっくに北朝鮮問題は片付いている。

※ トランプ氏、側近より「シンゾー」 蜜月生む北朝鮮問題
http://www.asahi.com/articles/ASKBX62GHKBXUHBI024.html?iref=comtop_8_05

 最後にはそのシンゾーが止めるから、米帝の北攻撃なんてありませんよ。

※ 公的年金4兆円台の黒字 7~9月期試算、株高で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22692140V21C17A0EE8000/

 凄いよねw。こんなあからさまな錬金術は見たことが無い! いくら日銀も張
り込んでいるとは言え、こんなことが資本主義社会で起こる、許されるのって異
常なことですよね。本当に呆れる。

※ 結局、すべて「総理のご意向」どおりに! 加計学園獣医学部が認可の見通
し、疑惑は何ひとつ晴れていないのに
http://lite-ra.com/2017/11/post-3558.html

 獣医学会としては、選挙が終わって勝った直後に、滅多なことは出来ないでし
ょう。官邸からあらん限りの嫌がらせを受けることは解り切っている。極悪人の
萩生田とかが、何しでかすかだいたい想像できるじゃないですかw。
 それにしても、息子を学長にするために、政界工作して、何十億も税金を投入
して学校ひとつ作ってしまうのって、とんだアナクロです罠。そういう公金にた
かるあくどい奴らにわれわれは全く無力なんだもん。

※ 犯罪報道で定番の「凶悪犯罪を容疑者(被疑者)の人物像からアウトライン
していく方法」は、もはや一般人のミスリードを誘う悪質な行為なのかもしれな
い、という例
https://togetter.com/li/1167264

>サイコパスはコミュニケーション能力が高いんでしょうな。

 サイコパスはコミュニケーション能力は高い傾向がありますが、この犯人に関
して言えば、取り立ててサイコパスを思わせる言動は感じられません。何度も書
くけれど、サイコパスとシリアルキラーは別物です。これは似て非なる物で、ア
ルツハイマーと認知症みたいなものです。サイコパスがシリアルキラーになるこ
とはあっても、シリアルキラーだからと言って、=サイコパスということはあり
ません。
 彼の場合は、若干サイコパス気質はあるかも知れないけれど、サイコパス気質
は、大なり小なり誰でも持っているものです。たとえばサークル・クラッシャー
な糞女は、サイコパス気質とサイコパスの境界線上にいます。
 彼は、実際に自殺願望があった所に、一人殺してみたら、これが思わず快感を
得られて、その処理まで含めて、熱中できる作業に巡り会えて、それが病み付き
になったという所でしょう。

※ 大学在学中は授業料無償化 自民が検討案まとめる
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171102/k10011208321000.html

 そういうのは無償化とは言わない。単なる「後払い」。もちろん後払いで結構。

※ フェイスブックに逆風 議会が暴いたロシア広告の実態
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23032650S7A101C1000000/

>「人のつながり」を事業にしながら、皮肉にも「米国分断」のツールとして存
在感を高めつつあるフェイスブック。

 これに尽きますよね。ネットは人々を結びつけるはずだったのに、分断する
ツールになってしまったorz。

※ 産経新聞コラムのウェブ版、「排他的」見出しに批判次々
http://www.asahi.com/articles/ASKC1666HKC1UTIL04M.html?iref=comtop_8_01

 ウヨ産経、「ウッシャー! 朝日が食いついたぁ! これで頁ビュー爆稼ぎだどー!」

※ 米イージス艦衝突2件、「回避可能」だった 海軍が報告書
https://www.cnn.co.jp/usa/35109802.html?ref=rss

 明らかにオーバーワークが原因ですね。海自の場合は、それでもベテラン隊員
が多いから、類似の事故は構造的に起こりにくいけれど、オーバーワークは一緒
だから、どうにか改善しないと、虐め事件もなくならない。

※ 「航空観閲式」は有害無益、もう廃止せよ
http://...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る