安倍晋三首相は、トランプ大統領を迎えて絶頂期、「財源不足」に直面し、政権維持が難しく大ピンチ、憲法改正は絶望的に

安倍晋三首相は、トランプ大統領を迎えて絶頂期、「財源不足」に直面し、政権維持が難しく大ピンチ、憲法改正は絶望的に

2017年11月04日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年11月4日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
安倍晋三首相は、トランプ大統領を迎えて絶頂期、「財源不足」に直面し、政
権維持が難しく大ピンチ、憲法改正は絶望的に
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 安倍晋三首相は、総選挙で大勝して、「憲法第9条に自衛隊明記の3項を加
える改憲発議が可能になった」と喜んでいるけれど、残念ながら、いまの段階
では、「糠喜び」に終わりそうである。それどころか、2018年度政府予算
案が編成の段階から「財源不足」に直面するため、大ピンチに陥り、政権維持
が難しくなる。米ドナルド・トランプ大統領の長女イバンカ・トランプ大統領
補佐官の訪日(11月2日~4日)に続いて就任後初めて訪日(11月5日~
7日)するトランプ大統領を迎える安倍晋三首相にとっては、これが絶頂期と
なる可能性がある。共同通信の世論調査(11月1日、2日)によれば、安倍
晋三首相の下での憲法改正に「賛成39.4%、反対50.2%」という結果
が出ており、憲法改正は絶望的だ。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る