先週は小川裕夫 第362号―ーー山手線新型車両E235系が増えてきた/大田区VS江東区の中央防波堤。そして、その先にある新海面処分場の帰属問題、など

先週は小川裕夫 第362号―ーー山手線新型車両E235系が増えてきた/大田区VS江東区の中央防波堤。そして、その先にある新海面処分場の帰属問題、など

2017年11月06日発行

※無料版は一部公開です。全文をお読みいただく場合は、有料版の登録をお願いいたします。
====================================================
   先週は小川裕夫 362号 2017年11月6日
====================================================

 このメールマガジンは、小川裕夫の取材・活動を配信しています。

************ 目 次 ********
◇ 今週の取材
◇ 今週の出演
◇ 今週の掲載情報
◇ 今週の購入本
◇ 今週の都道府県市町村
◇ 今週のテツ
◇ 今週の裏話
*************************

◇ 今週の出演



 10月31日、東京半蔵門の東京FM“中西哲生のクロノス”に出演。朝8時からの出演ということで、スタジオには7時40分入り。

 少し早めにスタジオにつき、番組の構成作家と打ち合わせ。テーマは前日からいただいていた“大田区VS江東区の領土問題”

 大田区と江東区が互いに帰属を主張している中央防波堤の話。このほど東京都から調停案が出されたものの、それを不服として大田区は提訴する予定にしている。

 中央防波堤の紛争の歴史は13号地、いわゆる“お台場”の紛争から紐解かなければならない。その前段を駆け足で話しただけで、ほぼ持ち時間が尽きてしまう。

 なにしろ、出演時間は、わずか2分。これでは、さすがに説明し切れない。ちなみに、今回、大田区と江東区で争われたのは中央防波堤のみで、現在も埋め立てが進められている新海面処分場は調停の枠外の話。

 これで納得するのは難しいのだが、領土問題は獲得した面積よりもメンツの問題だったりもする。落としどころを探せば、実はある。

◇ 今週の掲載情報



「中西哲生のクロノス」(東京FM)
“ブレイクファーストニュース”(出演)

「NEWSポストセブン」(小学館)
“こち亀にも登場の「博物館動物園駅」 パンダブームで再評価か”(取材・文)

「ビジネスジャーナル」(サイゾー)
“惨敗の小池百合子・希望の党、自民の補完勢力化か…東京、再びカジノ誘致最有力に”(取材・文)

“地方大学離れの惨状…通学難&就職難、援助策として国は東京の大学定員増を禁止”(取材・文)

「ZUU online」(ズー)
“マルサより怖い「リョウチョウ」が明かす『富裕層のバレない脱税』【書評】”(執筆)

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る