▲▽私立の独自性▽▲

▲▽私立の独自性▽▲

2017年11月06日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽私立の独自性▽▲

 本日、多忙のため、深夜のタイマーセット更新

※ 「恐竜発見 ~ゴビ砂漠に23年 石垣忍~」
http://www.tbs.co.jp/jnn-thefocus/

 RSK山陽放送が製作した30分のドキュメンタリー番組を先週の深夜時間帯、
TBSで放映していました。岡山理科大学の恐竜先生が、毎年モンゴルのゴビ砂
漠に学生を連れて発掘している様子を同行取材したものです。
 岡山理科大学と言えば、いうまでもなく加計学園の本山です。れいの獣医学部
は、岡山理科大学の新学部として開設される。
 18歳票を取り込むために、学費の無償化を言い始めたことは結構なことだけ
ど、国費を入れるということは、文科省の天下りを入れるということであり、と
りわけ私立は、その特色がどんどん希釈されていくことを意味する。それで良い
んだろうか?

※ トランプ大統領 米軍横田基地に到着 ゴルフ場へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171105/k10011211061000.html

 マリーンワンとなるとVH-3Dシーキングですが、今回は2機来ているんで
しょうか? 以前discovery-chで放映していたマリーンワンの番組を見た記憶だ
と、ワシントンDCでは、通常3機から4機編成で飛ぶとのことです。それはス
タッフを運ぶためでは無く、テロ攻撃のリスク低減のため。従って、先頭ヘリが
マリーンワンになるケースはほとんどなく(そもそも、地上から見てどれが先頭
ヘリか解らないよう飛んでいることは絵を見れば明らか)、だいたい2番機3番
機がそれに該当するみたいですが。

※ 北の核掌握、地上部隊侵攻が唯一の手段…米紙
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171105-OYT1T50072.html?from=ytop_main1

 どの道、地上部隊の侵攻には時間が掛かる。時間を掛ければ核ミサイルがどこ
かに飛んで来ること考えれば、地上部隊の投入と面の制圧を前提とした作戦は立
案できない。
 やり方としては、空爆で衝撃を与えつつ、中国に、北京主導の傀儡政権の樹立
を求めるしかない。

※ トランプ氏「決意をみくびってはいけない」
http://www.news24.jp/articles/2017/11/05/04377127.html

>ある日米関係筋は「ホワイトハウス内で北朝鮮を攻撃するなら早いほうがいい
という声が強まっている」と話していて

1.トランプ政権はスタート後すでに一年近く経過するにもかかわらず、スタッ
フ・ポストが未だに埋まらず、それを判断できる人間は、ごく僅かな軍出身者の
みで、ホワイトハウスいる人材は限られる。彼らがそう判断するとは考えにくい。
2.ここで言う「早い」は年単位のことを言っているのか、日、もしくは月単位
のことを言っているのか明示されていない。よってこの記事は信用できない。

※ 文大統領「日本は同盟でない」 9月の韓米日首脳会談で
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/11/05/0900000000AJP20171105000300882.HTML

 ふん! チョッパリごとき下賤な身分でウリと同盟とか千年早いニダよ。ねえ、習近平様!

※ 「中国人に作れて日本人に作れない技術」がこんなにたくさんあった!=中国メディア
http://news.searchina.net/id/1647315?page=1

 若旦那、全くその通りでございますだ! まさか米帝のくびきがなくても、作
るに作れないのは核兵器のみだなんてことは絶対にありませんからぁ!w。
 ええ、石橋を叩くのも怖くて手を出さないあれとかこれとかもありますし、痛
い目に遭って手を引いたあれやこれやもありますがorz。

※ 余録 人口減少や車離れが言われるが…
https://mainichi.jp/articles/20171105/ddm/001/070/088000c

>人口減少や車離れが言われるが、日本の自動車保有台数は伸び続けている。

 地方は人口減少が続いているし、都会はそもそも車を持てないのに、どういう
理由で保有台数が伸びているの? 少なくともマイカーではなさそうな気がするけれど。

※ 時代の正体〈548〉差別が壊す平和憲法|カナロコ|神奈川新聞ニュース
http://www.kanaloco.jp/article/288915

>病院の待合室。名前を呼ばれ、すぐに席を立つべきか否か、胸が早鐘を打つ。

 最近、プライバシー保護の観点で、かなり小...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る