【Vol.407】ZOZOTOWN独自ブランド年内開始 「科学の力で究極のフィット感」実現へ

【Vol.407】ZOZOTOWN独自ブランド年内開始 「科学の力で究極のフィット感」実現へ

2017年11月06日発行

▼第407号
----------
2017/11/06
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
堀江貴文のブログでは言えない話
───────────────────────────────────
【今週の目次】
1.今週の一言
2.時事ネタオピニオン
3.ビジネスモデル教えちゃいます塾
4.近況報告
5.私のおススメレストラン
6.私のおススメデジタルガジェットコーナー
7.ホリエモンの言葉
8.メルマガでしか言えない海外ガイド
9.書評コーナー
10.ホリエモンWITH
11.今週のお題
12.Q&Aコーナー
13.プレゼントコーナー
14.わらしべ企画 ☆NEW☆
15.今週のメディアスケジュール
16.先週のHIU通信
17.読者さんからの感想
18.編集後記
19.Q&Aその他編

【ホリエモン公式ページ】
http://horiemon.com/
【Facebook ホリエモン公式ページ】
https://www.facebook.com/horieofficial
【Google+ 堀江貴文ページ】
http://goo.gl/TNz90n

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
1.今週の一言

 週末は「ホリエモン祭りin CEBU」で盛り上がりつつ、日本に帰国します。
 とはいえ、すぐに移動。大阪グルメ旅からの九州、から山形というハードスケジュールで、猫ひろしの映画のPRをしてWAGYUMAFIAイベントでマカオに行くという感じです。
 しかし、ホリエモン祭りはスゴかった。私が意見を言ったのは「花火の数を増やそうぜ」って話とトークゲストの人選のNGリストのみ。ほかはHIUメンバーが頑張ってくれたのである。この結束力と実行力があればなんだってできるだろう。初の海外フェスを成功させた(もちろん利益も出る)経験は、次に活きてくるだろう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
2.時事ネタオピニオン
 私が得た時事ネタのなかから気になるものをセレクト、極々私的な見解でコメントするコーナーです。

※締め切りの都合上、11月2日(木)までのニュースからセレクトしています。

【10】仮想通貨技術で資金調達、ICOリスク注意喚起 金融庁
http://s.nikkei.com/2j29zS6
 多くのICOで詐欺まがいの資金調達が行われていることもあり、このような注意喚起に踏み切ることになったのだろう。適切な規制は歓迎だが、せっかくの盛り上がりを見せている仮想通貨市場に水を差さないでほしいし、市場参加者は加熱しすぎないことが重要だ。

【9】タクシー免許の見直し検討 運転手不足に対応、警察庁
http://bit.ly/2zgLdZa
 高齢化も進んでいるタクシー業界。必要なのはこのような規制緩和ではなく、UBER-Xのような素人ドライバーをC2Cでマッチングさせることができるようにする規制緩和だろう。日本はタクシー業界のロビー能力が高いので、かなり難易度は高いだろうが。

【8】立憲民主党、希望の党、民進党が合同で「森友・加計追及チーム」を結成へ
http://bit.ly/2yuPU4h
 まだこんなくだらない問題をグダグダと議論しているのか(笑)。これでは、結局バラバラになる前の民進党の体たらくのままではないか。でも、こんなことをやるのは、アホな世論がそれを求めているからに他ならない。我々の民度が問われているのである。

【7】中国人「白タク」横行…配車アプリで訪日客送迎
http://bit.ly/2A8hmBq
 UBER-X的なシェアリングエコノミーが既に当たり前になりつつある中国人は、当然のようにこのようなサービスを求める。しかも中国語で応対してくれるんだから、それを使うに決まっている。こういう状況に合わせたルール作りをするしかないだろうな。

【6】エア・ドゥ、機長不足で11月に34便運休
http://bit.ly/2A7xGSY
 LCCブームになっている昨今、機長不足になるのは当たり前だ。心臓病や悪性腫瘍などの既往歴があると、やはりライセンスが更新できない。なので、その辺も相まって今後この傾向は強くなるだろう。解決策としては無人運航なりワンマン運航、ということになるのだろうな。

【5】「現金支払いお断り」東京で実験店開店へ ロイヤルHD
http://bit.ly/2A8kdtP
 現金には様々なコストがかかっていることを認識すべき。保管コストや盗難のリスク、デリバリーのコストなどなど、たくさんの経費がかかっているのだ。キャッシュレス社会が訪れれば利用手数料も激減するはずだし、不正利用...

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る