横田めぐみさん拉致40年、安倍晋三首相はアテにならず、トランプ大統領の心意気と外交手腕に期待するしかない

横田めぐみさん拉致40年、安倍晋三首相はアテにならず、トランプ大統領の心意気と外交手腕に期待するしかない

2017年11月16日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年11月16日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
横田めぐみさん拉致40年、安倍晋三首相はアテにならず、トランプ大統領の
心意気と外交手腕に期待するしかない
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 当時13歳、中学1年生だった横田めぐみさん(1964年10月5日生ま
れ、53歳)が1977年11月15日、バドミントンの練習を終えて新潟市
の中学校から帰る途中、北朝鮮の工作員に拉致されて40年になる。政府は、
未だに横田めぐみさんはじめ拉致被害者を救出できずにいる。しかし、「第2
の日本」と言われる北朝鮮との間で「日朝和平」(日朝国交正常化・平和友好
条約締結→朝鮮半島統一)が実現すれば、日朝間の往来が自由になるのに、安
倍晋三首相は、「北朝鮮の非核化」にこだわり、「圧力強化一辺倒」の強硬姿
勢を崩そうとしないため、容易に救出できないでいる。ところが、米ドナルド
・トランプ大統領の指南役ヘンリー・アルフレッド・キッシンジャー博士の
「忍者外交」が、功を奏して「米朝オスロ合意」に辿り着いており、「米朝和
平」(米朝国交正常化・平和友好条約締結→朝鮮半島統一)は、目前に迫って
きている。トランプ大統領が、ツイッターに「金正恩(委員長)の友人になろ
うと努力している」と書き込んだのが、その証拠でもある。こうなると日本国
民は、「外交能力がなく、アテにならない」安倍晋三首相よりも、トランプ大
統領の心意気と外交手腕に期待するしかない。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る