世界支配層は「一般会計と特別会計の一本化を怠り財政健全化に不熱心な安倍晋三首相の役割は、完全に終わった」と厳しく批判

世界支配層は「一般会計と特別会計の一本化を怠り財政健全化に不熱心な安倍晋三首相の役割は、完全に終わった」と厳しく批判

2017年11月18日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年11月18日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
世界支配層は「一般会計と特別会計の一本化を怠り財政健全化に不熱心な安倍
晋三首相の役割は、完全に終わった」と厳しく批判
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕
 「日本の最大の国難は、国家財政のピンチ」であるにもかかわらず、安倍晋
三首相は、湯水のごとく税金を使いまくっている。このため、天皇陛下を戴く
世界支配層「ゴールドマン・ファミリーズ・グループ」(米キッシンジャー博
士、小沢一郎代表ら世界指導者)は、「政府予算は、一般会計と特別会計の一
本化をすべきなのに、これを怠り、財政健全化に不熱心な安倍晋三首相の役割
は、完全に終わった」と厳しく批判している。「安倍1強の独裁者」安倍晋三
首相は11月17日午後、第195特別国会・衆参両院本会議で所信表明演説
を行ったものの、演説時間は短く、文字数はわずか3500字(2016年秋
の国会の半分、4000字を下回ったのは、平成に入って2回目)、よほど国
会が嫌いなのか、「登院拒否症」が続いているらしい。登院しても、直ぐに帰
りたがる。体調が相当悪いのが災いしているのではないかと勘繰られている。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る