▲▽性的消費▽▲

▲▽性的消費▽▲

2017年11月18日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽性的消費▽▲

 今日は、途方に暮れるトラブルに遭遇して更新が遅くなりました(下段で説明)。

※ 【画像】絵師 「巨乳14歳美少女描いた!!」→ まんさん大激怒 「そろ
そろ学習しろ、キモオタク」
http://warotanikki.com/83488

>これにいいね!するやつが2万人もいる美しい国日本。
>日本人男性はあらゆる女性(子供含む)を性的に消費しないと気が済まないんだね(^_^;)

 はあ……。まず、「14歳には見えない」、というのはどうでも良い話で、1
4歳でも凄まじい色香を放っている子は、自分がその歳の頃にもいましたよ。そ
れにイラストはカリカチュアされるもので、それを叩くのはナンセンス。

 私が違和感を抱くのは、「性的消費」という言葉です。およそ人間が生き物で
ある以上、全ての異性は、単に性的な対象でしかありません。「性的消費」とい
う言葉には、正義の御旗的なニュアンスがあって、それを持ち出されると世間は
黙ってしまうわけです。この正義にはなかなか抗えない。
 もちろんここでは、「消費」という言葉の定義も大事で、「消費」という言葉
には、経済的な部分での資本主義=非人間的行為のイメージを込められる場合と、
それとは無関係に、単に「使い捨て」る行為を言う場合がある。両者ともに良い
イメージを持つわけでは無く、否定的なニュアンスで語られる。

 14歳と言えば、生物学的には、すでに出産できる年齢です。しかし、社会が
成熟し、婚姻年齢が上がり、未成年者保護の観点から刑法まで出来て、それを守
るようになった。結婚しそびれた数多の女性が街に溢れている現状では、法に触
れる年齢層を性的対象とする必要はない。
 しかし、あれもこれも「性的消費」だと非難する風潮に私は大いなる疑問を抱
きます。男と女はまぐわうことでしか、社会を回せない。人口を維持することで
しか資本主義経済を維持出来ないし、現実問題としてお年寄りのシモの世話も出
来ない。昔農業、今は介護に人手が不可欠です。
 この世の中には、ドラマのような純愛はたまにしか存在しない。男と女の出会
いはだいたいベタで、他人に自慢できるようなものではないし、異性を口説くと
いう作業は、端から見ればただのストーカー行為だったりする。性的欲求は、単
に本能でもある。
 この手の潔癖症を他人に強いる人々は、いったいどんな社会を夢見ているんだ
ろう。男はいつもくだらない妄想に耽っているものだけれど、その対局にある理
想とする男と女の関係が、社会を回してくれるわけじゃない。その理想の果てに
あるものは、「そして誰もいなくなった」、かつて日本と呼ばれていた国だった
としたら……。

 「性的消費」というフレーズは不快なイメージを社会に想起させるだろうけれ
ど、私たちは、それを避けて通ることは出来ない。それは人間社会を回して維持
するために必要不可欠な行為です。せいぜい、「恋愛」とかの純化されたオブ
ラートに包んで誤魔化しているだけです。

※ 日馬暴行問題 貴乃花親方が怪行動…事態の収拾目指す相撲協会大混乱
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00000504-sanspo-spo

 もうみんな、貴乃花のせいにする気満々だよねw。

※ 児童手当、所得制限見直しへ…世帯単位が軸
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171117-OYT1T50137.html?from=ytop_main2

 何言ってのか解らない記事だよね。結論として総額抑制なら、いったい誰が得
するの? という感想しか抱けない。

※ “東芝の戦犯”西田厚聰氏が初激白「私は佐々木に騙された」
http://www.news-postseven.com/archives/20171118_629237.html

 ほんにどいつもこいつも……。

※ 日本の空はいらない 米航空、仁義なき中韓シフト
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23533900V11C17A1000000/

 日本人にとってすら狭い、遠い、不便な空港なんだから、そら海外のエアライ
ンが避けるのは当たり前。でもLCCや貨物空港として今後とも成田は生き残りますよ。

※ 潜水艦の時代は終わる? 英国議会報告書が警告
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51637

 遠い話です。それでコスト安に済むかと言えば、済まない。ただ、中国が警戒
すべきは、哨戒機のアップデートには時間が掛かるけれど、無人機の配備と開発
にはたいして時間は掛からない...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る