▲▽外相不適▽▲

▲▽外相不適▽▲

2017年11月19日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽外相不適▽▲

 今日は、日曜とは思えないとんでもないニュース量ですorz。

※ 景気の拡大局面は確実なものか「貿易統計」から読み解く
http://diamond.jp/articles/-/150102

 今年の春先から、私はずっと、「景気の底は打った」と書いて来ましたが、実
は今は、否定的になっています。この後もしばらくは、若干上向くかも知れない
けれど、これから始まる増税路線が半端ない。消費税の予定通り増税分と、諸々
の控除廃止、+社会保険料の自然増を合わせると、恐らく消費税増5パーセント
前後に達する負担増になるでしょう。
 安倍政権というのは、たぶん終わって見れば、GDP拡大には全く無関心で、
ひたすら緊縮財政に走って、国民に負担増を求め続けただけの、戦後最悪の無能
政権として記憶されることになるでしょう。

※ 安倍首相の母校でこき下ろし=衆院選勝利は「消去法」-石破氏
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017111800499&g=pol

>首相が打ち出した消費税増税分の教育無償化への充当について、石破氏は「党
では誰も聞いていなかった。首相が何でも決められるなら党は要らないという意見もある」

 財源の話を全くすっと飛ばして、無駄遣いする所は、組織全体の予算バランス
を考え無い兵器の購入と全く同じで、アレ政権が、経営という概念を持ち合わせ
ていないことの証左です。

※ 河野外相「いきなり説教された」 中国の批判振り返る
http://www.asahi.com/articles/ASKCL44RCKCLUTFK004.html?iref=comtop_8_06

>会談冒頭、記者団を前にして中国の海洋進出を懸念した河野氏を「失望した」
と批判した王氏に対し、河野氏が「中国には大国としての振る舞いを身につけて
いただく必要がある」と反論したやり取りを披露。「いきなりテレビの前で説教
されたから、こっちもひと言、言ってやろうと思ってああいうやり取りになっ
た」と振り返った。

 河野さんは、明らかに外相は不適です。沸点が低すぎる。そもそも記者の前で、
こんなことを言われたら、中国外相として反論するのは当たり前のことでしょう。
相手は、それを挑発としか受け取らない。それを「いきなりテレビの前で逆切れ
された」なんて、言いがかりも甚だしいし、不見識だし、外交のプロトコルを全
く理解していない。
 この人は、自分が、カメラの前で相手を煽って挑発し、侮辱したという意識が
全く無い。驚くべき感受性の無さです。
 日本外交の足枷になるから一日も早く交代させるべき。

※ 発覚!立憲民主・福山哲郎が元AV女優・夏目ナナの経営するバーに政治資金
を支出!どんな店か調べてみた
http://ksl-live.com/blog12200

 な、なんだってぇ! あの虫も殺さないような顔つきの男が、ただのむっつり
スケベでAV嬢と……(ちなみにおっちゃんはね、この娘は好きじゃ無かった。
ばでぃは全く申し分無いけれど、あの関西弁が耐えられなかった)

※ <受動喫煙対策>小池知事「一ケタ間違いでは」国の姿勢批判
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/mainichi/nation/mainichi-20171118k0000e040206000c

 メディアが応援すれば、かなり強力な条例を作れるだろうけれど、そのメディ
ア業界は誰より何処よりタバコ漬けだもんね。

※ 低血糖症で運転し死亡事故、危険運転致死の疑いで男逮捕 インスリン投与
量誤ったか 警視庁
http://www.sankei.com/affairs/news/171118/afr1711180023-n1.html

 1型でも2型でも、自己管理が下手な人は、早めに進行するわけで、世間から
見れば、なんて無責任な、と思われるだろうけれど、この人は単にだらしない人
だったのかも知れないけれど、不器用な人というのは何処にでもいるわけで、そ
ういう人が自己管理が必要な病になると、こういう悲劇が起こって仕舞う。

※ トレイルランで男性死亡、埼玉 バランス崩し崖から滑落か
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017111801001313.html

 当然こういう事故は起こるだろうけれど、たぶん主催者との間で、事故責任の
免責にサインしているだろうけど、普通の生命保険とか、あるいは山岳保険なん
て下りるんだろうか。普通の登山より数段危険な行為だけど。

※ 【画像】TWICEのめちゃおっぱい大きい子エッチすぎw
h...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る