▲▽今こそ戦時下▽▲

▲▽今こそ戦時下▽▲

2017年11月20日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽今こそ戦時下▽▲

※ 「わざわざ自分を兵隊にする改憲をしたがるお前たち、馬鹿だなあ」 18~
29歳。自分が何をしているか、わかっているのかと 朝日新聞投書
(URLはナシ)

 ここ数日、ずっと気になっていたネタです。朝日の大阪版声欄への投書らしい。
ググれば全文がすぐ出て来ます。

>馬鹿だった。無心にあどけない幼子まで、母の胸に抱かれて焼死体になった。
誰が幼子を殺したのか。
私たちが死ぬのは自分の勝手だ。だが小さい子たちまで道連れにする。わかって
いる。だから憤怒する。
わざわざ自分を兵隊にする改憲をしたがるお前たち、馬鹿だなあ……。

18~29歳。自分が何をしているか、わかっているのか。<

 この国はとっくに戦時下にあります。高齢者福祉という、いつ終わるとも知れ
ない泥沼の戦争に首までどっぷり浸かって国家財政は破綻しかけ、社会も疲弊仕
切っている。しかもこの戦争はまだ始まったばかりで、医学の中途半端な進歩と
少子化で、この後、まだまだ酷くなる。
 所が、マスなメディアはそれを口に出来ない。その対象者世代が最大のお得意
さんだから。
 その当事者である世代が、自分たちの老いを看取るために国家が一丸となって
戦い、社会に莫大な負担を強いている現実を無視して、呑気に戦争の心配なんぞ
していやがる!
 目の前で繰り広げられている死屍累々の戦場のまっただ中で、現役世代の犠牲
によって生き長らえている当事者が、いけしゃあしゃあ若者に説教を垂れている
姿に、私は無性に怒りを覚える。
 88歳の爺さんよ! 貴方は良い時代を生きた。そりゃほんの一時期、辛い時
代もあっただろうが、それも終わって見ればただの想い出だ。われわれの戦いは
永遠に終わらない。若者にとってその戦争は、もう生まれた時には始まっていて、
何十年も続く終わりのない戦いの中で、ただ絶望するしか無い。それ所か、戦争
の中で、生まれて来なかった数多の命がある。結ばれなかった愛がある。
 国の黄金期を生きて、好き勝手ほざいて死んで行くあんたの世代が恨めしくて
ならない。

※ 「安倍首相に代わる人いない」 二階俊博幹事長、重ねて総裁3選支持
http://www.sankei.com/politics/news/171119/plt1711190011-n1.html

 自民党てそんなに人材不足なの?w。

※ 琉球新報「(米軍族女性殺人事件公判について)黙秘権行使は許し難い」に
対する反応
https://togetter.com/li/1173072

>「被告の権利とはいえ、黙秘権行使は許し難い。」

 そもそも全国紙の人権感覚が怪しい現状では、地方紙のそれを批判するのも無理よね。
 ただ、メディアがこんな時代錯誤な認識だから、警察も黙秘権を認めずに自白
に執着するんだよね。

※ 「死の商人」化の防衛省、700万人飢餓のイエメン内戦加担のサイコパス―
自衛隊機売り込み、中東ドバイで
https://news.yahoo.co.jp/byline/shivarei/20171116-00078220/

>「死の商人」としてモラルなき武器輸出を押しすすめる安倍政権。その暴走を
止める手立てはないのか。

 サイコパスの論証を期待するのはナンセンスだろうかw。なんでこの人たちは、
日本製兵器がほいほい海外に売れるなんて思うんだろう。
 所で、イエメンの紛争は長引いていて、参加国もそれなりに犠牲と出費が嵩ん
でいる。宗教が背景にあるから、国連とか入って行く余地が無い。でもいくら金
持ち連中と言っても、これ以上長引いたら、財政にも響く。
 一方、仮に和平が達成されたら、次に自衛隊がPKOで出て行くのは、ここに
なるかも知れない。

※ 不明のアルゼンチン軍潜水艦、交信7度試みるも失敗
https://www.cnn.co.jp/world/35110637.html

 今時の潜水艦は、酸素もたっぷり、循環システムも良く出来ているから、浸水
が無くサバイバルモードに入っていれば、それなりの日数は持つでしょう。問題
は、すでに準備が始まっているだろうけれど、DSRVを空輸した後に、そのポ
イントまでスピーディに運べる船がいるかどうか。
 ただフロリダからでも、ブラジル国境まで1万キロもあるし。向こうのニュー
スを調べてみたら、現場はフォークランド諸島の近くらしいから、事実上、大陸
南端なのねorz。
 所で、日本のDSRVはC-2に搭載できるんだろうか? 全長(収まるけど
乗せられない)も重量(明らかにオーバー)も微妙な感じがするけれど。搭載は
大村基地なら可能? 輸送機にそのまま入る可動船台とか作っておけば、いざと
いう時にC-1...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る