▲▽日本版トマホーク▽▲

▲▽日本版トマホーク▽▲

2017年11月21日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽日本版トマホーク▽▲

※ 初の国産量子コンピューター 無料公開
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171120/k10011229951000.html?utm_int=all_side_ranking-access_003&nnw_opt=ranking-access_b

 コンピュータの進化に関するニュースを見て、心躍ること無く、大丈夫なんだ
ろうか……と不安になったのは初めてですよ。こんな性能になって、どうしてシ
ンギュラリティが起こらないんだろう。

※ 日本版トマホーク、政府が開発の方向で検討
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20171120-OYT1T50002.html

 ちと良く解らないのは、トマホーク自体は、枯れた技術で、欲しいのであれば、
米帝から買った方が遙かに安上がりに付く。
 それをターボファンで開発するなら、速度は出ないわけです。これは、もう湾
岸戦争の頃から、旧式の対空機銃でたたき落とせることが解っている。それで行
くなら、大量配備しなきゃならない。数撃ってなんぼの兵器だから、いかに安上
がりに調達するかが鍵になる。国産に拘るべきではない。
 逆に、前線の突破能力を優先して開発するなら、これはそれなりの金額になる
し、お高いと、当然数も揃えられない。射程も短くなる。いずれにしても、日本
の状況だと、開発はしましたが、配備数は全国で数十発です、なお話になりかね
ないでしょう。

* 所で、週刊エコノミストの巻頭コラムで、片山先生がちとおやっ? という
記事を書いてます。保守勢力が国会で議席を増やしたことで、これからは防衛費
が増えて、福祉予算が削られるだろうと。
 でも、日本の防衛予算は増えないですよね。全く増えない。安倍政権で少しは
増えるかと思ったけれど、微々たるものです。一方で、それに倍する勢いで福祉
予算は肥大化して誰も止められない。
 社会福祉は別腹だけど、防衛費はそうじゃない。それはなぜかと言えば、それ
ほどまでに、日本の予算構造というのが雁字搦めになって、誰も手を付けられな
いからです。
 たぶん、この状況は今後とも変わらないでしょう。米朝が戦争をおっ始めよう
が、中国の空母が日本列島を一周して威嚇する日が来ようが、防衛予算が画期的
に増える日は永遠に来ない。

※ 日本の地上攻撃可能なミサイル開発に韓国メディアは批判的反応
http://japanese.joins.com/article/618/235618.html?servcode=a00§code=a10&cloc=jp|main|top_news

 チョッパリよ、ウリはハリネズミのような防空体制を整えて備えるニダ! ち
なみに、ウリはもちろん南韓ニダw。

※ 小池氏「護憲、遠慮願う」前原氏「当たり前」深夜の密談
http://www.asahi.com/articles/ASKCJ5F9FKCJUTFK013.html

 よりによって嘘杉さんがそんな所にいたことがクローズアップされているけれ
ど、それはどうでも良い話で、酷いのは前原さん! 党内向けには、いけしゃあ
しゃあみんなで引っ越せるようなことを嘯いて、本心は全く別な所にあったわけ
でしょう。
 そりゃ、党内もメディアも支持者もみんな怒るでしょう。

※ 3%以上の賃上げなどで企業の法人税は引き下げへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171120-00010001-houdouk-soci

 こんな毛針に企業が引っかかるのか? という疑問と、仮にそれで3パーセン
トの賃上げがあった所で、全部、社会保険料として国に持って行かれるんですよ
ね。賃上げがいかに虚しい社会になったことか。

※ トランプ氏、北朝鮮をテロ支援国家に再指定
http://www.yomiuri.co.jp/world/20171121-OYT1T50014.html?from=ytop_top

 これは、中国の特使が土産を持ち帰ることを待っていたけれど、手ぶらで帰っ
てきたから、そういうことにしたという話でしょう。トランプは案の定、はしご
を外された。

※ 所得税改革を提言 政府税調が中間報告案、給与所得控除を見直し
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23680740Q7A121C1EAF000/?nf=1

 単なる増税を、新聞もテレビも、やれ改革だ見直しだと誤魔化すのは、いった
いどんな媚薬を嗅がされてのことだろう。

※ 室井佑月「お言葉が欲しい」
https://dot.asa...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る