▲▽手取り減▽▲

▲▽手取り減▽▲

2017年11月23日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽手取り減▽▲

 WBSのサイトにも、ネット上にもまだ書き起こされた記事がないようなので、
昨夜のWBSの図表をここに書き起こして貼ります。

*こんなに減った会社員の手取り

        2011年   2017年  差し引き
年収300万円 281万円   261万円 -20万円
  500万円 434万円   408万円 -26万円
 1000万円 767万円   719万円 -48万円

 2017年は、当然まだ終わってないから、統計の元となる数字をどこから持
って来たのか疑問はある所ですが、大きいのは、石破さんが親の仇にした子ども
手当が無くなったこと等もあるみたいです。
 いずれにしても、これで消費の喚起とか無理でしょう。この後にも、ステルス
増税が山のようにやってくる。年収一千万円層なんて、向こう5年間の手取り減
を積み上げたら、たぶんこの10年で100万円くらいの手取り減になるでしょ
う。これがネトウヨさんが称賛するアレノミクスのなれの果てです。

 全くやりきれないのは、こんなステルス増税が続いているのにもかかわらず、
しかも、選挙が終わった直後に、たばことか、給与所得控除の話が出て来て、そ
れを野党が何にも批判できない。そらモリカケも大事だけど、国民にとって優先
することは日々の暮らしです。朝から晩まで立憲主義にモリカケそば。マスゴミ
もそれに付き合うだけで、国民はあんたらみたいに霞を食って生きているわけじ
ゃねぇよ! と叫びたくなるね。

※ 首相、敵基地攻撃能力「検討の責任ある」 代表質問で
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23795060S7A121C1000000/
* イージス艦増強「可能な限り前倒し」 安倍晋三首相が参院代表質問で
http://www.sankei.com/politics/news/171122/plt1711220033-n1.html

 アレ総理って、爺さんに似て、ただの国家社会主義者だと思っていたけれど、
ただの浪費家だよねw。インカムを考えずに、ひたすら金を使うことだけを考えている。
 イージス艦の前倒しなんて無理でしょう。ドックが空いてない。

※ 琉球新報社説「黙秘は許しがたい」 弁護士会が懸念表明
http://www.asahi.com/articles/ASKCQ63QHKCQTIPE03H.html

>琉球新報は22日、「被告は全てを話すべきだとの主張に問題はない」などと
する玉城常邦論説委員長名の見解を出した。

 現状では、地元の弁護士会レベルの発言だから、ここはぜひ日弁連に警告して
欲しいけれど、日弁連はブサヨ団体だから、元米兵の利益になるような発言はし
ないでしょうね。どっちかと言えば、琉球新報と同じ立場だったりしてw。

※ 「森友学園」籠池夫妻 保釈認めず 大阪地裁
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171123/k10011232871000.html?utm_int=news_contents_news-main_006&nnw_opt=news-main_a

 無茶苦茶な代用監獄、出たかったら自白しろという姿勢が明白で、こんな破廉
恥な人質司法に荷担していることに、日本の裁判官は恥ずかしいと思わないの
か? これじゃ裁判所は検察と一帯じゃん。

※ 休日の「外出離れ」顕著に=20代男性、ネット普及で-国交省調査
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017112101083

 とうとうここまで来たか。レストラン他が、土日を定休日にする日がすぐそこ
まで来ているのかも知れない。

※ 乳児抱いて市議が議場に…議長注意、開会遅れる
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171122-OYT1T50029.html?from=y10
*熊本市議会で赤ちゃん連れ議員の出席認められず...でも、世界にはこんなにいます
http://www.huffingtonpost.jp/2017/11/22/kumamoto_a_23285061/

 今時、こんな時代錯誤など田舎からは地方交付税を引き上げちゃれ!
 議会が神聖な場所であることは認める。この際、その神聖さに見合う議論がそ
こで行われているかどうかは問わない。
 ただし、それと同様に、子育ては神聖な仕事であり、代替が効かないワンオペ
育児を現代では強いられている。これは日本だけの事情ではありません。そして
人口維持は、日本にとって最優先課題です。
 どちらが折れるべきかは明白な話であって、わざわざ議論すべき...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る