▲▽山一破綻から20年▽▲

▲▽山一破綻から20年▽▲

2017年11月24日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽山一破綻から20年▽▲

※ 「二度と山一の門をくぐるな」と言われたあの日 “新”山一証券、M&A
助言で「法人の山一」復活目指す
http://www.sankei.com/economy/news/171123/ecn1711230023-n1.html
*社説 山一証券の破綻から20年 激震で先送りされたもの
https://mainichi.jp/articles/20171124/ddm/005/070/043000c

 昨夜のWBSで、当時の社長のインタビューも交えて山一破綻から20年のレ
ポートがありましたが、良い番組でした。
 ただ、その後の山一社員の人生を見ながら思ったけれど、あの破綻が、日本株
式会社の終わりの始まりだった……、と感慨を抱く一方で、山一破綻から20年
も経つのに、この国は未だにこのザマで、何にも変わっていないorz、という思
いも強く抱くしかない。

※ 石破氏 安倍政権に苦言理由「批判ないところに進歩ない」
https://mainichi.jp/articles/20171124/k00/00m/010/056000c

>安倍政権の金融政策について「これから先もずっと続けることはできない。ど
んどん世の中にお金を流通させるには限界がある。

 石破さんが駄目だと思うのは、この人は財政の話は出来るのに、なぜか景気の
話は出来ない人なんですね。それをやって、安倍政権では駄目だという意見をき
ちんと言えなきゃ、政権を取れないでしょう。

※ 世界景気に完全依存する日本経済、なぜ「あの教訓」に学ばないのか
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53602
*ようやくわかった。アベノミクスとは「社会主義化」のことだった
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53509

 この記事は2本とも疑問。上の記事は、貯蓄を論じているけれど、今時、貯蓄
で景気を論じるのはどうかと思います。年齢や収入、世帯構成で、貯蓄額は大き
く違うわけで、細部を見ずしてマクロだけでそれを論ずることが出来るの? と
いう疑問を抱くし、下の記事に至っては、安倍政権が国家社会主義だというのは、
誕生時には解っていたお話でしょう。

※ パート時給増、人手不足に拍車 「年収の壁」で働けず
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23841210T21C17A1TJC000/
*高収入会社員は所得増税 特定の負担増 十分な説明なく
http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/economic_confe/list/CK2017112302000123.html

 こういう話になるから、控除は止めるしかないんですよ。で、自営業とリーマ
ンがどうのこうのという話を回避するためにも、もっと早く、消費税中心に移行
すべきだったのに、会社の懐に直接手を突っ込んで、社会保障費や税金を取る仕
組みが、国家にとってあまりにも心地よすぎて、変えるに変えられなかったこと
が、結局は、なかなか転職できない日本の労働環境を守ることになって、ブラッ
ク労働が蔓延る原因も作ってしまった。
 ブラック労働ということは、=低賃金で、労働市場をどんどんデフレ化してい
くということでしょう。
 かつて日本を強い国にしたシステムが、ことごとく足を引っ張って、景気回復
を妨げてしまった。

※ 大阪市長、姉妹都市解消を表明 慰安婦像の寄贈めぐり
http://www.asahi.com/articles/ASKCR4TS7KCRPTIL00J.html

 関西弁でがつんと言ったれや、ゴルウァ!
 てまあ、自治体はそれで済むけれど、特亜からの移民の方が圧倒的に多い状況
では、この動きを阻止することは出来ないでしょう。ネイティブ・アメリカン受
難の碑や、奴隷少年の像を日本全国に建てまくっても、それで何?w、という話だし。

※ 姉妹都市解消こだわる訳は 大阪市長の「下ろせぬ拳」?
http://www.asahi.com/articles/ASKCR4V6BKCRPTIL00L.html

>サンフランシスコ市との関係は、前任の橋下徹市長時代に悪化した。橋下氏

 をひをひ! 自分のことは棚に上げて橋下さんのせいにするのか?w。

※ 日本政府は対応に苦慮 サンフランシスコ市長の慰安婦像受け入れで飛び火を警戒
http://www.sankei.com/world/news/171123/wor1711230036-n1.html

 チョッパリよ。これから燎原の火のように、世界中に慰安...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る