▲▽慰安婦像を止める▽▲

▲▽慰安婦像を止める▽▲

2017年11月25日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽慰安婦像を止める▽▲

※ 「姉妹都市解消は当然」潰された地域交流…在米日本人ら怒り サンフラン
シスコ慰安婦像
http://www.sankei.com/world/news/171123/wor1711230040-n1.html

 「当然(キリッ!)」、という単純な話ではないですけどね。それやって、慰
安婦像が出来る度に、姉妹都市関係を解消していたらきりがないでしょう。
 それに、今回の事態は、明らかに中共を利した。彼らは、韓国に暴れさせて、
自分らは高見の見物をするだけで、日米離反を演出できると気付いた。
 これからも全米中で慰安婦像が建ちまくり、そのたびに、抗議しなきゃならな
いし、姉妹都市関係の解消云々という難儀な話になることでしょう。

 これが日本なら、政府が一言言えば、自治体が忖度して止まる話だけど、何し
ろアメリカは州にせよ市にせよ自治権が強いから、ワシントンからぶつぶつ言っ
て来たら、ますます意固地になるのは目に見えている。
 橋下さんの騒動の時に思ったけれど、こちらとしては、多勢に無勢なのは明か
なのだから、拳を上げた所で解決はしない。向こうの代理店に国がきちんと金を
払って、水面下で静かにそれを止めさせる努力をした上で、それでも止められな
いなら、われわれは耐えてスルーするしかないでしょう。日本が過剰に反応する
ことで一番喜ぶのは特亜だから。
 あとはせいぜい、その都市には観光に行かない、投資しないという態度で応じ
るしかないけれど、これも効果が出るには時間が掛かる話だし、今や日本企業の
投資額なんて知れているし。

 少なくとも私はこの問題で、「こうすれば慰安婦像設置を止められる」とする
意見に接したことはないし、そんな術はない。

※ 韓国・文大統領「一日も早く日本訪れたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20171123-00000053-nnn-int

>公明党の山口代表と会談した韓国の文在寅大統領

 自民党内には、この訪韓を先走りしていると快く思っていない人々がいるらし
いけれど、こんなもん、官邸の了解済み事項に決まっているじゃん。山口さんは、
官邸の意をくんで落とし所を探りに行ったんですよ。
 ネトウヨさんは許さないだろうけれど、何度でも合意を結べば、その度にアレ
総理の支持率は上がるんだからw。アカピー新聞だってそこは褒めるしかないんだから。

※ 【コラム】強大国の算法は違う…感情でなく冷静な外交を=韓国(1)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171124-00000002-cnippou-kr&pos=1

>韓半島有事への対応のためにも、日本の協力は必須だ。

 チョッパリよ。こうしてたまに日本に寄り添う記事を書くとな、すぐブサヨが
食いついて、「韓国は和解のシグナルを発している!」と、はしゃいでくれるニ
ダよw。ほんに解り易いみんじょくニダ。

※ 韓国元BC級戦犯「名誉回復したい」 政府に補償求める
http://www.asahi.com/articles/ASKCH4CL8KCHUTIL01P.html

 もっと早くにやるべきだったけれど、今となっては時期を逸した。

※ 「乃台事件」をご存じですか?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171125-00029059-hankyoreh-kr

 ググッても最後の独立事件としか出てこないし、やっと何か出て来たと思った
ら韓国紙の邦訳記事しかないのね。

※ 自民・神谷氏、続投に意欲 市議に現金「自らの判断」
http://www.asahi.com/articles/ASKCS344GKCSPTIL00N.html?iref=sp_poltop_all_list_n

 それを貰った側が全員、突き返していることを考えれば、賄賂性は明白なわけ
で、今や税金泥棒と化した特捜部が息をしていれば、こんな人は速攻で書類送検
ですけどね。

※ 大使の同性パートナー、これまでも参加不可 宮中行事
http://www.asahi.com/articles/ASKCS5J94KCSUTFK00L.html?iref=comtop_8_02

 いわんこっちゃない。寝た子を起こしてしもうた。

※ 森友の設置趣意書を開示 小学校名は「開成小学校」
http://www.asahi.com/articles/ASKCS5QVLKCSUTFK00Q.html?iref=sp_new_news_list_n

 これは朝日の責任じゃないでしょう。聞かれた当人...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る