▲▽デモする権利▽▲

▲▽デモする権利▽▲

2017年11月27日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽デモする権利▽▲

※ サイゼリヤ 再来年9月までに全店舗を禁煙へ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171127/k10011236481000.html?utm_int=news_contents_news-main_004&nnw_opt=news-main_a

 見ろ、愚民ども! 腐れ自民党がいくら踏ん張った所で、こうして社会は変わ
っていくんだ!

※ 「速く弁当食べられる人ほど仕事できる」日本電産・永守氏が講演「社会で
求められる人材とは」
http://www.sankei.com/west/news/171126/wst1711260021-n1.html

 今時、こんなアナクロなことを言う人が企業のトップで、あげくに大学のトッ
プになるとか、ほんと日本株式会社の駄目駄目っぷりが溢れているw。

※ 反天連が渋谷区でデモ 「民主国家に天皇制いらない」シュプレヒコールに
右派駆けつけ罵声
http://news.livedoor.com/article/detail/13944115/

>中学3年生(15)は「言いたいことがあれば、辻立ちして演説すればいいの
に、車の通行を止めてまでデモやって、天皇制やめろなんてばかみたい」と憤慨
していた。

 中学生は「辻立ち」なんて言葉は知らんだろうというのは置いといて、ウヨ産
経よ、そういう無知蒙昧な子供には、デモは市民の権利であり、天皇制を論じる
ことは、民主主義社会において、最も擁護されなければならない権利であり、そ
れは民主主義を考える上で、大事なテーマであると諭すべきだったな? ま、中
学生以下の産経の脳みそでそれが出来るかどうかさておきw。

 ただ、この団体は普通のプロ市民とは別の集団のようにも思えるけれど。

※ 危うい日本の人権状況 国連人権理が200超の勧告
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017112602000155.html

 こういうの、プロ市民が嬉々として書いて遣す話を、そのまま採用しているん
でしょうね。そんなの片付けている暇があったら、アリバイ証明でなく、中国の
人権問題と取り組んだ方が良いぞ。

※ 国際的には死刑廃止、日本では議論タブー視 元国会議員「死刑の話は選挙リスク」
https://www.bengo4.com/c_1009/n_7020/

 自民党にだって、死刑廃止論者は一定数いるでしょう。あそこはただのバカウ
ヨの集団じゃないんだから。むしろ、どっちに転んでも叩かれるから、「選挙リ
スクだから……」、ということにしている人が多いんではなかろうか。

※ 「楽しいことが…ごめんね」 父、しつけで突発的に 10万人に1人難病
の長男暴行死
https://www.chibanippo.co.jp/news/national/456447

 汝罪無き者、石持ち我を打て。こんなケースまで裁かなきゃならないのって、
法治国家の矛盾だよね。

※ (2)供述軽視 証拠の見極めできず 歴史的不祥事、裁判所も“豹変”
http://www.sankei.com/affairs/news/171126/afr1711260014-n1.html

>特捜検事時代、容疑者から自供を引き出す「割り屋」として知られた最高検次
長検事の八木宏幸(61)は内部の会議でこう説いた。「難しい事件であるほど、
厳しい取り調べで、しゃべらせて、証拠と合うか見極めないといけない。それこ
そが冤罪を生まない本当の取り調べだ」<

 はあ↑w。何言ってんの、この時代錯誤な人は。自供なんて要らねえよ。そん
なもんに拘るから冤罪の山を築いて来たんだろうが。

※ 事故多発の航空自衛隊「もう限界」と現役パイロット
https://smart-flash.jp/sociopolitics/28966?sp

>日本中どこへでも出動しています。10時間以上の飛行は非常に体力を使います。

 救難ヘリで10時間以上のフライトって何? ちと想定できないけれど。
 この記事は支持できないです。というのは、オーバーワークを言うなら、昨日
の米空軍の方が遙かにオーバーワークだし、仮に、浜松の事故がヒューマン・エ
ラーだったとしたら、それはオーバーワークという言葉で片付けるべきではなく、
訓練プログラムの改善という形で挑むしかない。
 ファントムに関しては、あれは老朽化が原因だから、さっさと引退させた方が
良い。パイロットは、イーグルか、F-35に乗せれば良いんです。
 以前から言われているけれど、戦闘機は24時間飛べるけれど、パイロットは...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る