▲▽歴史戦▽▲

▲▽歴史戦▽▲

2017年11月28日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽歴史戦▽▲

 本日、定期検診のため、短縮モードのつもりでいたけれど(サイト巡回率平素
の8割)、火曜にしてはニュースが少ないですね。その北のミサイル云々が朝に
なって追加された程度で。
 今、年末進行状態なので、木曜まで短縮モードか、明日明後日の何処かで一日
お休みを貰うかも知れません。

※ サンフランシスコの慰安婦像設置、日本の自称保守界隈と産経新聞が進める
「歴史戦」のせいだった
http://buzzap.jp/news/20171127-sf-comfort-women-statue/
*SHAME ON YOU! By San Francisco Supervisor David Campos-09/17/15
https://www.youtube.com/watch?v=dqFFvyq0vaI

 ここ数日、ツイッター界隈で、SF市議会で、「恥を知れ!」と4回も罵られ
た動画が出回っています。上にコピーした動画が親ネタかどうかはちと自信があ
りません。2年前の公開なのに、3千回しか見られていない。問題の発言は、動
画の3分50秒辺りです。
 で、日本語で検索しないで下さいね。バカウヨ供が小銭稼ぎに作った糞動画が
数十件出て来るだけで、それに白痴なネトウヨが自慰行為で臭いテキストを引っ
かけているだけですから。

 SHAME ON YOU! と連呼する場面は、もう呆然とします。でしかもこの動画、れ
いによって日本人のコメントはほとんどない。ネトウヨさんてば英語出来ない上
にほんに内弁慶だから、電信柱の陰で吠えるだけorz。

 これを見ると、状況がいかに深刻か解る。しかも、それを訴えに行った人々が、
現地の日系人なのか日本人なのか、ほんと、底抜けのバカなのorz。国内で散々
やらかして連戦連敗した歴史裁判と全く同じパターン。それ言っても第三者の神
経を逆なでするだけだろう、ということを内輪の論理でとくとくと喋っている。
この辺りは、ちゃんと知恵を付けて、言って良いことと、いかんことの教育訓練
をしなかった無能な外務省が悪いけど。

 この歴史戦は、もう駄目です。勝ち目はない。彼らにとって、われわれの主張
は、ホロコースト・リビジョニストと何ら変わりは無い。少なくとも彼らはそう
理解している。市長が中国系だからとか、もうそういう次元のお話ではなくなっ
ている。そのトンデモ発言に対して「恥を知れ!」と罵っても、何の問題もない。
むしろそうしなければ、自分の立ち位置が疑われて叩かれる、そんなもう、全く
融通が効かない問題と化している。

 汚名返上とか名誉挽回とかもう綺麗に諦めて、撤退戦をいかに犠牲少なくフ
ェードアウトさせるかに全神経を注ぐべき。

※ 利益剰余金、上場企業の56%が最高に 9月末時点
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23917160W7A121C1MM8000/

 死んでも給料は上げません! ほとん素敵な日本企業。

※ 「PCは人から借りられる」生活保護費の返還命じる判決
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171127-00000083-asahi-soci

 そのPCの値段や、お友達との関係に関するディテールな情報がないとなんと
も言えないけれど、パソコンは携帯と同じく、個人情報の塊でしょう。そんなも
のを共有すべしという裁判官は、たぶん職場の業務用PCしか使って無いんでし
ょうw。
 高裁レベルでその辺りの、「プライバシー情報が入るから、共有はナンセンス
だ」という所を訴えれば、通るかも知れない。
 あと、廃棄PCが一杯あることを考えれば、官がそういうのを集めて、貸与と
いう形で、困窮者に使わせても良いでしょう。子供がいる家庭はゲーム機なんかも。

※ (3)「怪しい奴が許されていく」 慎重捜査「よほど証拠堅くないと」
http://www.sankei.com/affairs/news/171127/afr1711270011-n1.html

>「検察が見識を持って捜査すれば、裁判所もついてくる。今の消極的な捜査手
法では、怪しい奴(やつ)が全員許されていく」
>検察OBは「本当の悪を処罰するために検察があって、それを判断するために
裁判所がある」

 ひでぇ!w。まさに検察と裁判所が一帯である事実を物語る暴論だよね。

※ 米のハイテク業界で嫌われる日本人 そのわけは?
http://www.sankei.com/column/news/171127/c...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る