▲▽理性的な軍事制裁▽▲

▲▽理性的な軍事制裁▽▲

2017年12月01日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽理性的な軍事制裁▽▲

 まだまだ年末進行中なれど、本日のサイト巡回率100%。

※ 中国に北朝鮮との戦争を警告した米国の危惧
http://toyokeizai.net/articles/-/199370

>われわれでそれに対処する。われわれで対処するという意味は、あなたたちの
裏庭で戦争をするという意味だ。われわれの裏庭ではなく、だ

 その裏庭での戦争自体、この四半世紀、嫌がって来たわけじゃん。もちろんや
るべきです。それは今なら、まだ裏庭に限定できるんだから。仮に日本と韓国を
焦土にしても、ロスアンゼルスに核ミサイルが降って来る懸念は今はまだ一切無
いんだからやるべき!

 しかし仮に、その裏庭での戦争があるとしても、極めてミニマムな攻撃から始
まるでしょう。私はそれすらないという立場だけど、もし、トランプの自己満足
のためにおっ始めるとしたら、エスカレーションの階段をゆっくり上ることになる。
 恐らく、B-2爆撃機の2機編隊程度でアプローチして、何かの施設を一箇所
だけ破壊する。たとえば発射場なり、濃縮工場なり。後者は汚染の恐れがあるけ
れど、私は濃縮工場を潰すべきだと思います。地下施設もあるだろうから、ブン
カーバスターを使うことになるかもしれない。
 で、北朝鮮は、あまりにもミニマムな攻撃なので、何かの爆発事故が起こった
のか、敵の攻撃なのかしばらく判断できない。そうこうしている内に北京から電
話が入って、「これはアメリカによる警告である。この後に生じる事態に関して、
北京は一切責任は負えない」と伝えられる。

 そこで北朝鮮はどう出るか? 合理的且つ冷静に行動するなら、報復は、ハワ
イ沖やグアム沖へのミサイル発射になります。核の空中爆発があるかも知れない。
まだその技術に不安があるなら、日本のEEZ内で、中距離ミサイルによる核の
空中爆発という事態もありうるでしょう。
 ここで対応が難しくなるのは、北では無くアメリカです。北にとっては、エス
カレーションしていく選択肢は無数にあるけれど、アメリカにとっては、そんな
にない。北の階段は20センチ刻みで登り易く解り易いけれど、同じ高さを登ら
なければならないアメリカの階段は、50センチ刻みだったりして、選択肢はそ
う多く無い。
 ただしこれは、北朝鮮が、理性的に行動するという、極めてリスキーな大前提
があっての軍事作戦です。

 これは本当に、仮のお話で、あるとすれば、極めてミニマムな警告的意味合い
の攻撃から始まると思うけれど、一度始まってしまったら、on a knife edgeな
難儀なエスカレーションになるでしょう。

※ 危機はクリスマス後か?トランプ政権による対北朝鮮攻撃の可能性
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11261

>ホワイトハウス内では強硬派が勢いを増している

 そんな事実は無いと思いますよ。仮にいるとしたら、それは、北朝鮮問題に直
接タッチすることのない、安保担当でもない外野の声でしょう。

※ 【北ミサイル】日本政府、米政府「海上封鎖」発言に困惑 手足縛られ協力
できず「圧力強化」方針と矛盾
http://news.livedoor.com/article/detail/13964698/

 米海軍は事実上、そんな余力は無いんだから、海上封鎖となったら、当然韓国
の協力は得られないから、日本が単独でやるしかないでしょう。

※ アングル:北朝鮮の新型ICBM、従来型とどう違うか
https://jp.reuters.com/article/northkorea-missle-change-idJPKBN1DU05N

 平行開発していたにしても、凄まじい開発スピードよね。

※ 特別リポート:米核戦略にICBMは必要か、専門家から疑問の声
https://jp.reuters.com/article/usa-nuclear-icbm-idJPKBN1DU08G

 ICBMは男の浪漫! 男根主義の象徴。

※ 米国務長官、数週間以内に更迭か 米報道
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24126760R01C17A2FF2000/

 黒子役に回ってまだトランプに影響力を持つバノンとの衝突でしょう。

※ スーパー「いなげや」に賠償命令 障害者に女性上司がパワハラ「仕事ぶり
が幼稚園児以下だ」
http://www.sankei.com/affairs/news/171130/afr1711300037-n1.html

 ぐらしかねぇ。教育で万人を聖人君子にすることは無理なんだから、こういう
ことは起こって仕舞う。障...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る