▲▽祝! 川崎F▽▲

▲▽祝! 川崎F▽▲

2017年12月03日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽祝! 川崎F▽▲

 本日、サイト巡回率60%

※ サッカーJ1、川崎が悲願の初優勝 得失点差で鹿島逆転
http://www.asahi.com/articles/ASKD24CHSKD2UTQP01L.html?iref=pc_extlink

 とりあえずお目出度うございます。
 昨日、後半の途中で、そういえばどうなっているんだろうとテレビを点けたら、
TVKなんて、呑気に横浜-浦和戦なんてやっているわけです。ああ!orz、県
庁所在地でない悲哀。でまあ、テレビは年間計画もあるだろうし、でもラジコは
やっているんじゃないか? と思ってアクセスしたら、こっちは鹿島-磐田戦を
やっていて、優勝チームをどこも生中継していないというへんてこな状況のまま
終わってしまってびっくりです。

 こういう時に、融通が利かない寡占放送って何なの? 地デジはチャンネルが
余っているんだから、生中継とかすればスポーツバーは賑わうだろうし、ラジオ
中継すらないのは理解に苦しむ。

※ DAZN「2020年には断トツな存在のスポーツ配信業者に」
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/feature/15/122200045/113000302/?P=2&rt=nocnt

 でも昨日ラジコを聞いていたら、中継のタイムラグが、実際のゲーム進行より
1分以上遅れている感じなんです。その辺りの所はどうなんだろうと思ったのですが。

※ 習氏、尖閣で「軍事行動」明言
https://this.kiji.is/309603818682254433?c=39550187727945729

>2月20日に開催された軍の最高指導機関、

 でも結局は、スローガンだけで終わったということよね。

※ ロシア疑惑、米政権中枢へ=フリン氏「完落ち」で-特別検察官
http://www.afpbb.com/articles/-/3153926

 これがずるずる続いて、大統領弾劾という話になってトランプが辞任するまで、
どの程度、時間が掛かるかですよね。

※ 国民年金保険料、平成に入ってから「約2倍増」50年前からは160倍以上
https://zuuonline.com/archives/181780

>平成1年の年金保険料は7700円だったが、平成29年の年金保険料1万6490円、実
際は2倍以上
>サラリーマンは、給与の約4割を手にする事ができない

 日本人というのは、驚くほど国民負担に無頓着で、ほとんどの国民が、自分の
稼ぎのいくらを国家に納めているのか知らないという事実は恐るべき現実です。
 恐らくその理由は、戦後復興から高度成長、バブルと来て、負担を気にせずに
暮らせるだけのベースアップがあったからでしょう。ただ、不況のずんどこが四
半世紀も続いて、手取りは減り続けているにもかかわらず、未だに、マジョリテ
ィが無頓着でいられる理由というのはちと理解出来ないのですが。羊の群れとい
うのは、マジョリティの流れを作ってしまうから始末に負えないと舌打ちする日々です。

 この国民負担と景気の問題を正しく理解できないと、この国は、永遠に不況か
ら抜け出ることは出来ないし、国民負担は、この後もずるずる拡大し続けること
でしょう。
 負担のボリューム層が6割7割稼ぎをふんだくられて、無能極まりない阿呆な
為政者が、「なんで景気良くならないんだろう」と頭を捻る状況がこの後も続く
ことになる。
 日本はこの4年間、日銀に任せときゃ株は上がる、トリクルダウンで景気は良
くなると信じた経済には一片の関心も持たない憲政史上希に見る無知蒙昧なあっ
ぱらぱー総理のもと、不景気から抜け出すことは出来なかった。消費は伸びない
まま、また暗転しようとしている。日本経済は、今その崖っぷちに立たされている。
 国家経済は、景気を冷やす負担増では無く景気拡大でしか賄えないのだという
正しい信念を持った為政者に一日も早く交代してくれることを切に望みます。

※ トリクルダウンは嘘だった
http://www.newsweekjapan.jp/satire/2017/11/post-5.php

 でもそれを選んだのは国民だからなぁ。国民がバカな選択をしてしまうのは、
米帝も日本も同じよねw。日本人なんて、あんな無能な男を、選挙で5回も勝た
せたんだよorz。トランプを選んだアメリカを全く笑えない。

※ 精神科患者の身体拘束、10年で2倍 大声出すだけで?
http://www.asahi.com/articles/ASKCZ6RGLKCZUPQJ00J.html?iref=comtop_8_07

 生ける牢獄です。それ...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る