▲▽昼行灯が動く▽▲

▲▽昼行灯が動く▽▲

2017年12月06日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽昼行灯が動く▽▲

※ 助成金詐欺で逮捕のスパコン業者・ペジー社は安倍御用記者・山口敬之氏の
スポンサーだった! 巨額助成金に官邸の関与は?
http://lite-ra.com/2017/12/post-3631.html
*スパコン社長逮捕はおかしい?こんなんで助成金の不正受給になるなら日本で
ベンチャー育たんのも当然だろ
https://togetter.com/li/1178473
*準強姦疑惑ジャーナリスト、山口敬之氏が、安倍首相の名を使ってスパコンの
補助金行政に介入
http://turbulence.whdnews.com/p/1706/YtuqDhck1.html
*「プロフェッショナル」に逮捕の社長 NHK放送見送り
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171205-00000031-asahi-soci

 少し奇異なニュースです。まずtogetterにあるように、正直これで不正受給に
なるなら、世の補助金の何割もが不正受給に該当してしまうでしょう。経営する
側にしてみれば、理由は何であれとりあえず、資金を確保して回してビジネスを
したいわけで、融資したい側だって、そんな厳密な使用を想定しているわけでは
ないことがほとんどなわけで。
 そこで何か都合が悪くなれば、金融庁とかが出て来て、お前んとこの融資はザ
ルだ! と叩かれるわけです。

 金額も、これが政界捜査ならともかく、民間の話で、いちいち特捜部が出て来
るような金額かなぁ、とも思うし、昨日まで長いこと昼寝して惰眠を貪っていた
特捜部が、なんで突然目を覚ましたんだろうと思うし、それにしては、そんなに
筋が良い事件だとも思えない。
 まさか、これで官邸まで辿り着こうなんて野望があるとも思えないし。

※ 政府 長射程の巡航ミサイル検討  敵基地攻撃も可能
https://mainichi.jp/articles/20171206/k00/00m/010/137000c

 ちと疑問なのは、それ買うのに国産巡航ミサイルって要るの? JSMは、実
はF-35とセットの兵器なんですね。F-35は搭載武器が限られるから、そ
れに最適化された兵器も一緒に買うしかない。
 ところが、空幕はドンガラだけ買うことにして、ミサイルは自主開発、他に搭
載兵器は選定しなかったわけです。なぜかと言えば、巡航ミサイルは政治的な
ハードルがあるから。
 ただ、F-35の機数を考えると、制空任務が精一杯ですよね。

※ タンカーと衝突の米イージス艦、横須賀沖に到着
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171205-OYT1T50126.html

 こんなの見ると悲しいです罠。

※ 「日本に自主防衛させるとき」米識者に広がる“再軍備”支持 「北脅威の今こそ」
https://newsphere.jp/world-report/20171205-3/

>彼らは互いに話す無線機すら持っていない

 な、何だってぇ!(>_<)。こんな最重要国家機密が米帝に漏れていたのか! ガッ!
 通信機の納入メーカーが多すぎて、陸はそれを食わすのに精一杯とか、見通し
距離で顔が見えてんのに通じないとか、通信兵は、歴代の無線機博物館を背負っ
て移動するとか、「ソフトウェア無線機? それ美味しいんですか?」。とか、
 合い言葉を言え! 「携帯……」-「最強!」とかとか。

※ ユーミン、達郎、ワム!…クリスマスソング「心に悪影響」と欧米で警告
http://www.sankei.com/west/news/171205/wst1712050063-n1.html

 やっぱりそうだったニカ! ウリも長年、そうじゃないかと思っていたニダよ、同志!
 明日からのクリスマス終了のお知らせイベントには、ぜひこのニュースも価値
ある情報として皆の衆に伝えたい、伝えたい!
 ウヨ産経グッジョブだ! 朝日みたいなサークル・クラッシャー女を侍らせて
ぶいぶい言わせていた勝ち組には値打ちも解らんニュースだ。

※ タクシー内で暴れた弁護士、罰金30万円命令 札幌簡裁
http://www.asahi.com/articles/ASKD55FZXKD5IIPE01B.html?iref=comtop_8_04

 良かったじゃん。最後まで名前は出ずに済んだw。名前を書いたのはウヨ産経だけ?

※ 「保育士や介護職員の処遇改善」新政策原案
http://www.news24.jp/articles/2017/12/04/06379544.html

 昨日の、5千億を年寄りの学び直しに、というニュースもそうだけど...

バックナンバー

  1. ▲▽ABC予想▽▲

    2017年12月16日発行

  2. ▲▽景気を折る▽▲

    2017年12月15日発行

  3. ▲▽絶望工場▽▲

    2017年12月14日発行

ページの先頭へ戻る