▲▽NHKトンデモ判決▽▲

▲▽NHKトンデモ判決▽▲

2017年12月07日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽NHKトンデモ判決▽▲

※ NHK受信料合憲、男性側「大山鳴動して鼠一匹」「ネット同時配信で制度見直しを」
https://www.bengo4.com/other/n_7072/
*NHK受信料判決、弁護士出身の裁判官1人が反対意見
https://www.bengo4.com/other/n_7073/

 NHKは政府を忖度し、最高裁も政府を忖度する所だから、こういう判決が出
ることは解り切っていた。

1.予想された判決だったとは言え、こういう判決が予想されることを考えて、
日弁連は、この裁判を日弁連案件として、大がかりに取り組むべきだった。弁護
側として、最善の戦略で挑んだのか疑問が残る。

2.NHKは誰のために存在するのか? いうまでもなく、NHKは、そこで禄
を食む職員が、国民からふんだくった銭で王侯貴族の暮らしをするためだけに存
在する機関です。他の使命なんて一切無い。
 この連中は、国会議員より良い暮らしをしています。国会議員は歳費は大きい
けれど、何しろそこから秘書も雇わなきゃならないから、ちゃんと仕事をしよう
としたら、何も金は残りません。その国会議員の望みは、自分の娘や息子をNH
Kに入れることですからw。
 ひょっとしたら、もう民放より給料が良いかもしれない。NHKのサラリーの
話になると、でも民放とあまり差が開くのは……、という意見がありますが、民
放がいくら給料を出そうが、民民関係での話です。あっちも電波を独占している
とは言え。
 こんな無茶苦茶なことを国民に押しつけるのであれば、NHK職員のサラリー
は、国家公務員に準じる、とすべき法律を一本書くべきです。今、NHKは、か
つての特殊法人のカテゴリーで言えば、最高ランクの給与が出ています。どんな
にあくどい天下りの現場も、NHKで働くほどのサラリーは得られません。
 この連中のサラリーは、四半世紀の日本の経済停滞関係無く、欧米と全く同じ
レベルで野放図に青天井で上がり続けました!

3.公平で、その使命は果たすべきなのか?
 論じるまでもなく、NHKは公平でも何でもありません。この4年間、岩田@
悦び組みたいな輩が、せっせとアレ政権の提灯持ちに励んできた。その使命は今
も有効なのか?
 他に放送局もなく、地方での放送も貧弱だった時代ならいざ知らず、民放各局
が立ち上がり、今やネット放送もある時代に、なんでNHKだけ、その使命を格
別に果たしていると言えるんでしょうか? 地震速報なんて、民放も横並びで出
るでしょう。教育番組は、スカパーで間に合っています。

4.なぜスクランブル放送しない。
 日本の家電メーカーは大人しいから、NHKだけ映らないテレビとか絶対ださ
ないけれど、別に法律として、NHKが映らないテレビを売ってはならない、と
いう法律はないでしょう。台湾や中国メーカーに作らせば良いのに、誰もやらな
いのはどうしてだろう。
 誰かクラウドファインデイングで立ち上げれば良いのに。
 地上波はB層しか見なくなって、もちろんB層はNHKなんて要なし。私みた
いにスカパーしか見てない連中も一定層いる。年寄りは有り難がってNHKを見
るだろうけれど、この民営化して全く構わない、誰も損しないNHKを、それで
も民営化は絶対に嫌だというなら、見ている階層だけに支えてもらうまで組織を
小さくすべきです。
 それにしても、解約すら出来ない、契約が相手の通告だけで成立するのって、
本当に無茶苦茶。羊の群れって本当に頭痛の種、レミングスと化して社会を滅ぼす。

※ 「エルサレムを首都に認定」トランプ氏が正式表明
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24356420X01C17A2000000/?nf=1

 北朝鮮問題とかドツボにはまってしまってどうにもならないから、余所に火を
点けて話題を逸らそうというパターンでしょう。

※ 【朗報】医師の村中璃子氏が名誉あるジョン・マドックス賞を受賞 / 子宮
頸癌とワクチンについて功績 / 日本のメディアは報じず
http://buzz-plus.com/article/2017/12/06/john-maddox-prize/
*村中璃子氏が反 HPV ワクチン運動からの妨害に屈せずJohn Maddox 賞を受賞
した件が報道されないのはなぜか
https://togetter.com/li/1178916

 毎日新聞とか、ほんとShame on you! だよね。

※ 5発全て外れた? 中東に配備のPAC-3、弾道ミサイルの迎撃に失敗か
https://www.businessinsider.jp/post-108092

 動...

バックナンバー

  1. ▲▽ABC予想▽▲

    2017年12月16日発行

  2. ▲▽景気を折る▽▲

    2017年12月15日発行

  3. ▲▽絶望工場▽▲

    2017年12月14日発行

ページの先頭へ戻る