▲▽人大杉!▽▲

▲▽人大杉!▽▲

2017年12月12日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽人大杉!▽▲

 有隣堂のフェアの一貫で、いま、神サイの文庫が有隣堂に並んでいます。昨日、
横浜駅東口地下の有隣堂で撮影したショットをブログにアップしました。有り難
う! 有隣堂さん。うちの近所には無いけれどorz。
 これをSNSでやると、「店側の許可は取ったんでしょうね!」とジャスティ
スリーグな突っ込みが入るわけですが、実は通路に面した所に棚が作ってあって、
通りがかりにちらっと撮影しました。売れているように見えなかったので、自分
で減らして来マスタorz。
 ちょっとププッwですよね(^_^;)。こんな泣ける話を書いている著者の正体は、
作家先生とは名ばかりのただの田舎もんのエ口オヤヂなんだぜw。しかもネタウヨ
(ネタウヨを流行語大賞に!)。

※ ~まだまだ増える!?人口急増で住民悲鳴!あこがれのタワーマンション街の
落とし穴!再開発と規制緩和…行政の誤算と対応は?~
http://www.tbs.co.jp/uwasa/genba/20171210.html

 噂の東京マガジンという、TBS関東ローカルの日曜の番組で、武蔵小杉の問
題を扱っていました。横須賀線改札の大行列(JRは先週改札増を発表したばか
り)や保育園不足などを。
 朝は、あの細いホームに人が殺到して、歩行者は、反対側の点字ブロックの外
を歩くしか無い。いろんな線が乗り入れているせいで、ホームドアの設置も出来ない。
 で、呆れるのは、今計画中のタワマンだけで、これから更に人口が3割も増え
るんだそうです。
 所が市当局は、「まあ少子化もありますしぃ……」、で、ただ人口(地方税)
が増えりゃウエルカムな話をしている。その人口増に伴う住民の不利益とか一切
考えていない。
 人口予測というのは、実は日本の自治体の得意分野で、10年後20年後のそ
のエリアの人口動態がどうなっているかを極めて正確に弾きます。それで、小学
校を増築するか、プレハブで済ますかを計画を立てる。
 10年後、何がどのくらい必要になるかは解り切っているのに、何の対策も立
てない行政って、ちと無責任過ぎないですか?
 横須賀線に関しては、あの混雑は、ムサコ以北の現象です。私は一番混雑する
時間帯に、横浜-ムサコを乗っているけれど、南武線や田園都市線の混雑と比較
すると、辛うじてまだ受忍限度内です。
 そこで、鉄ちゃん。あれラッシュ時間帯だけ、横浜以北の往復で短い区間だけ
走らせることって出来ないの? 横浜以北に使える車庫とかないの? ブリ込み
するのは、ムサコ-東京or新宿区間だけなんだから、そこだけ増発すれば良いで
しょう。ダイヤなんて、田園都市線と違って、まだスカスカなんだし。

*所で、昨日午後、横浜駅で、帰ろうと横須賀線のホームに出たら、踏切の非常
停止ボタンが押されたとかで、また電車が止まったんです。ホームに出た途端に
アナウンスがあった。あの横浜-川崎間の踏切は全部撤去しろ! ほんと迷惑だから。
 で、私はホームで、20分くらいぼーと突っ立って、電車が動き出すのを待っ
ていました。知っている人は知っている。横浜駅の横須賀線ホームは、無駄に広
いんです。無駄に幅がある。例えるなら、JR渋谷駅ホームの4倍くらいの幅が
ある。なのに、ほとんど椅子は無いのね。あるんだろうか? そもそも横須賀線
は、昼間は15分置きだったりして、結構待たされるのに、どうしてJRはベン
チを置かないの? あれご老人や病人は気の毒じゃん。

※ 自民・稲田氏「至らなさ反省、政治の原点に戻る」
http://news.livedoor.com/article/detail/14014576/

>防衛相時代の)1年間の有意義な経験をもとに政治の原点に立ち戻る」

 スゲー!orz。自衛隊にとって、発足以来最悪の災難だった出来事も、彼女個
人にとっては、有意義な経験だったんだぜw
 ネトウヨ供、少しは反省しろ! お前らが担いだ長州一のバカ政治家は、日本
を取り戻す! と戯れ言を叫びながら、こんな身勝手なバカを国防大臣に任命し
たんだぞ!

※ 小泉進次郎がどんどん過激になってきた「ある事情」
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53611

 石破さんがこのまま昼行灯と化してチャンスを逸するのであれば、一気に若返
りして、小泉政権で、アレ政権が滅茶苦茶にした防衛や経済、労働政策を立て直
すのも良いでしょう。ただ、小泉ジュニアは、経済政策の舵取りが出来るかどう
か未知数なのね。
 さすがにアレ政権みたいに、日銀総裁に丸投げして、株高さえ演出できりゃ良
いと無責任なことは無いだろうけれど、まともな経済司令塔を立てて、まともな
ブレーンを付...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る