好景気サイクルが始まるまで、後5年かかり、安倍晋三首相は、不況にドップリと浸かった政権を担う運命にある

好景気サイクルが始まるまで、後5年かかり、安倍晋三首相は、不況にドップリと浸かった政権を担う運命にある

2017年12月13日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

板垣英憲(いたがきえいけん)情報局 ~マスコミに出ない政治経済の裏話~

  2017年12月13日

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で
行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速
報する。板垣英憲の過去著書も連載します。
                         政治評論家 板垣英憲

◆─── - - -                    - - - - - ───◆

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
好景気サイクルが始まるまで、後5年かかり、安倍晋三首相は、不況にドップ
リと浸かった政権を担う運命にある
───────────────────────────────────

◆〔特別情報1〕 
 「北」―漢字1文字で今年の世相を表す「今年の漢字」に選ばれた。京都市
東山区の清水寺で12日、森清範貫主が揮毫(きごう)した。第3次世界大戦
の危機を孕む北朝鮮情勢などを反映した。安倍晋三首相が余りにも「戦争の危
機」を煽り過ぎた結果でもある。その半面、「アベノミクス政策の失敗」が隠
蔽された。現在は、「不況のサイクル10年」(2012年10月~2022
年8月)の半ばを過ぎたばかりだ。好景気サイクルは2022年10月から始
まるので、後5年かかる。結局、安倍晋三首相は、不況にドップリと浸かった
政権を担う運命にある。それでもさいたま市浦和区の「調神社(つきじん
じゃ)」では、明治時代から続く大歳の市「十二日まち(じゅうにんちま
ち)」が開かれ、露店約1000店が出店し、約15万人の人出で賑わい、神社境内
では、「かっこめ市(熊手)」開催され、熊手を買い求める客で混雑した。

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る