▲▽絶望工場▽▲

▲▽絶望工場▽▲

2017年12月14日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽絶望工場▽▲

 昨日はちと大きなニュースが相次いで、更新が遅くなりました。

※ 時給400円で働く外国人技能実習生の訴えを拒絶した人気女性服ブランドが
大炎上 「同じ日本人として恥ずかしい」
https://news.careerconnection.jp/?p=44800&page=2
*テレビ東京、アパレルメーカーのジャパンイマジネーションにBPO上等で「ガ
イアの夜明け」砲
http://kabumatome.doorblog.jp/archives/65908076.html
*#ガイアの夜明け「"絶望職場"を今こそ変える!」回が取材企業に「BPOに申し
立てる」との書面を放送するなど攻めてた件「テレ東頑張った」
https://togetter.com/li/1180855

>「休みは7ヶ月でたった1日」「時給400円・残業197時間で手取り13万」。
>ウチの会社にFAXで 外国人留学生の受け入れませんかってチラシがたまに入る
んだけど、 推し文句は 「労働時間・休日はいりません!よく働く人材です。」
的な事が書かれてる。
>中国人を時給400円で使い捨てにしたあげく計画倒産して給料不払い

 明らかに制度設計に問題ありでしょう。今に始まった問題ではないにも関わら
ず、一部に不埒な雇用主がいます、という程度の問題では無い。もはや、運用が
拙いというレベルの話ではない。明らかにこれは、現代の奴隷制度になっている。
 こんな問題を駆逐できないのであれば、この制度はチャラにして、全て民間に
任せるべき。民間に好き勝手させれば、それは制度の問題では無く、雇用した会
社の問題としてビシバシ摘発もできるでしょう。

*所で、私はこれを正社員で計算してみました。ざっくり、時給換算千円で働い
ている正社員がいるとします。残業は無し。週五日労働でざっくり4週間働くと
します。月収は16万円。これから失業手当や何やら引かれると、手取りは10
万円いかないでしょう。生活保護とどっちが上?
 そして、これもざっくり、10万円が手取りとして、逆算していくと、時給換
算では625円となります。この四半世紀を越える不況で、日本はここまで貧し
くなりました。その自覚を為政者が持っていないことに、私は絶望します。

※ 伊方運転差し止め、阿蘇噴火で「火砕流到達も」
http://www.yomiuri.co.jp/national/20171213-OYT1T50052.html

 トンデモ仮処分。これは、時間を掛けずに最高裁とかでひっくり返せるの?
 火砕流が、海を渡って伊方原発にまで届く可能性はゼロではない。Google
earthでつぶさに覗いて見たら、阿蘇の東側にも高い山はあるんだけど、たまた
ま、大分市を通って、伊方原発へと抜ける、真っ直ぐなライン(谷)が一本走っ
ている。恐らくこれは断層でしょう。
 その断層にそって、火砕流が走る可能性はある。
 ただし、二つ疑問があって、人類が歴史を記憶するようになってから、この手
の大規模な噴火は世界中どこも発生していない。それが噴火即大火砕流が発生し、
原発をスクラムさせる暇も無く、そこまで届くという可能性は、何処まで議論さ
れたのか?
 そもそも、火山灰の堆積ではなく、火砕流がそこまで届いたという地層の分析
は為されているのか? この2点が気になります。

 いずれにせよ、文系法曹界に科学を判断させるとろくなことにはならないとい
う見本になりましたね。この理屈が通るなら、日本で動かせる原発はないし、化
学プラントの大部分も止めるしかない。

※ 「逃げて」叫ぶ教師 あわや児童直撃 授業中断、泣き出す子も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00183876-okinawat-oki

 わざとだろうw。わざと落としたとしか思えないぞ。ただ、報道は、これを、
先日の保育園の騒動とセットで報じて、あっちも米軍が落とした! と強弁して
んのね。
 誰かの悪戯(自演とは言わない)が、米軍がやったこととして、糊塗されている。

※ 沖縄・陸自第15旅団「音楽まつり」への出演が急遽中止に、読谷中学吹奏
楽部 村教委が「民意」汲んで参加認めず
http://www.sankei.com/life/news/171213/lif1712130056-n1.html

 声がでかい一握りの民意って奴な。

※ 「冤罪がまかり通る世の中を身をもって知った」美濃加茂市長の有罪判決が確定へ
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3145608

 これは一審無罪で、高裁でひっくり返ったんですよ...

バックナンバー

  1. ▲▽現代の隣組▽▲

    2018年01月20日発行

  2. ▲▽地獄のインターネッツ▽▲

    2018年01月19日発行

  3. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

ページの先頭へ戻る