2017.12.15 きんようメルマガ 242回/北村 肇《教育基本法をとりもどそう》

2017.12.15 きんようメルマガ 242回/北村 肇《教育基本法をとりもどそう》

2017年12月15日発行

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   2017.12.15 きんようメルマガ 242回/北村 肇
   《教育基本法をとりもどそう》

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

吉例の『週刊金曜日』編集委員講演会がいよいよ12月17日にせまってまいりま
した。今年は豪華2部制で、第1部は参加9団体主催による「日中戦争80年共
同キャンペーン」集会、2部は『週刊金曜日』主催の集会となります。1部で
加害の歴史に光をあて、2部ではその光をもって憲法をいかす道筋を浮かび上
がらせます。当日券もあります。ぜひお越し下さい。(Web編集長・伊田浩
之)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【1】編集長コラム
【2】風速計
【3】今週号の特集
【4】金曜アンテナ
【5】〈メルマガ限定〉発行人コラム
【6】編集後記(金曜日から)
【7】〈メルマガ限定〉現代日本を読み解く200冊
【8】〈メルマガ限定〉神保町ゴンゾ日記
【9】きんようびのはらっぱで
  (市民運動から講演・映画・音楽・イベントの情報案内板)
                      http://www.kinyobi.co.jp/


┳━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃イベント┃
┗━━━━┛創刊24周年記念集会
      日中戦争から平和憲法へ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆日時:12月17日(日)14時~20時20分(開場13時30分)
◆場所:東京都・日本教育会館 一ツ橋ホール(地下鉄神保町駅)
◆参加費:2000円(全席指定)※当日券あり
◆詳細:http://www.kinyobi.co.jp/news/?p=3855


┳━━━━━┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃好評発売中┃
┗━━━━━┛21世紀に『資本論』をどう生かすか
       [鎌倉孝夫+佐藤優:著]
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
働きづめなのになぜ貧乏なのか

こんにちの社会問題の根本がどこにあるかを考えるために、マルクスの『資本
論』は最強の武器であり続けている。ただし、『資本論』は革命の手引書では
ない。著者2人の対話による講義をまとめた本書は資本主義の内在論理をあき
らかにするとともに、『資本論』の誤読されやすい部分をていねいに説きおこ
す。

定 価:2200円+税
サイズ:四六判上製 288頁
ISBN:978-4-86572-023-5
http://www.kinyobi.co.jp/publish/002411.php


───────────────────────────────────
【1】編集長コラム
───────────────────────────────────

「緊急発進は全国平均で1日3回。南西エリアがもっとも頻度が高いです。台
風の中でも避けられません」「日本の空を守っているのですね。これからは飛
行機の音がうるさいなんて思わないで」

 訳あって沖縄にいる。空自那覇基地で週末に開かれたエアーフェスタに行く
と、ステージでこんな会話が。戦闘機の試乗コーナーで若い隊員に質問する
と、実に素敵な笑顔で答えてくれた。

 その前日、基地の近隣で開かれた旧小禄村の戦時体験を聴く会で、元琉球新
報社記者・平良亀之助さんの話を聞いていた。同村は「飛行場を中心に陣地が
密集しているがゆえ」真っ先に空襲を受け、避難を余儀なくされたので、数字
上の人的被害は少ない。だが避難先、「友軍」や民間人同士の「もう一つの戦
争」で、筆舌に尽くせぬ苦難を舐めたという。

 今も戦時体験を掘り起こすのは執念に近い。二度と戦争を起こさぬためだろ
う。一方で、戦争をする軍隊をよしとする世論づくりがソフトに進められてい
る。(小林和子)


───────────────────────────────────
【2】風速計
───────────────────────────────────

□■教育基本法をとりもどそう(北村 肇)■□

 ある小学校の先生からこんな話をうかがった。

「学校でミサイル訓練をすることになったが、校長と粘り強く交渉して、通常
の災害訓練に変えさせました。ところが、実際に机の下に身を隠す訓練をした
2年生の子が『こわいよ、こわいよ』と泣き出し、なかなか泣きやみませんで
した」「いつもはしっかりとした意見を述べる若手の先生が『こうなったら先
に北朝鮮にミサイルを撃ち込むしかない』と言ったので、びっくりしました」

このコンテンツの続きは有料です

購入済みの場合はログイン
ページの先頭へ戻る