▲▽景気を折る▽▲

▲▽景気を折る▽▲

2017年12月15日発行

日刊 大石英司の代替空港

▲▽景気を折る▽▲

※ 日銀短観 3ポイント上昇 11年ぶり高水準に
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171215/k10011259661000.html?utm_int=news_contents_news-main_001

 今、安倍政権下が起こっていることは、恐らく、安倍政権再スタート後と、同
じことが起こっている。景気に薄日が差して、税収増も見えてきたものだから、
やれアベノミクスの滴だなんだと自画自賛に走ったは良いけれど、れいによって
財政再建に走って、景気を腰折れさせてしまった。
 あの時と同じか、もっと酷いことが起こっている。株価を見て、景気の上向き
観を先取りした官邸は、またも勘違いして、大増税路線に走って、この景気の腰
を折ろうとしている。

※ 新税創設、使途にあいまいさ=「森林」「観光」に唐突感も―18年度改正
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00000017-jij-pol

>「出国税」として今夏に急浮上して以来、短期間で導入にこぎ着けた事情もあ
り、使い道に関しては「(訪日外国人観光客が)ストレスフリーで快適に旅行で
きる環境の整備」など抽象的な説明にとどまっている。

 この件に関して、昨日、「それは空港整備に使われます」というコメントを頂
戴しましたが、中ではそういう議論があるかも知れないけれど、基本的には記事
の通りで、決まっていないんですよ。それはなぜかと言えば、最初に、こういう
掴み金があって、その使い道を巡って、今も綱引きが続いているということでしょう。

※ クロ現+の就職氷河期世代「アラフォー・クライシス」特集に「辛すぎる」の声
http://www.hochi.co.jp/topics/20171214-OHT1T50237.html

 アラフォーて、アラサーもそうだよね。リーマンショックから9年ということ
を考えると、30歳前後も、就職には相当苦労しているわけで。

※ 中国、文大統領を冷遇 「格下扱い」に懸念広がる韓国メディア
http://www.sankei.com/world/news/171214/wor1712140039-n1.html

 アイゴー!(>_<)。習近平様! 朝から晩まで、夢の中までチョッパリを
ディスって、中国様に尽くしたのに、この無慈悲な仕打ちですかぁ!

※ 最高裁、だまされたふりも罪成立
https://this.kiji.is/313596247918462049

 法解釈として、囮捜査に関わる部分でもあるんだろうか。事件の凶悪さを考え
ると、世間としては、「これが何で最高裁まで行くの?」というのが本音でしょう。

※ 南シナ海問題に対するトランプの「仲介申し出」の意味
http://wedge.ismedia.jp/articles/-/11301

>「米国は頼れない、中国とうまくやるしかない」

 今のトランプ政権の行き当たりばったりを見ていると、米帝は頼れないという
意見が出て来るのは致し方無い。

※ 山口・岩国 海自救難飛行艇US-1 ラストフライト 人命救助を担う
http://www.tss-tv.co.jp/tssnews/000000350.html

 ついに乗る機会が無かった。US-2は5機体制だそうだけど、厚木にも1機
置いていることを考えると、もう一機くらい作った方が良いんじゃ無いの?

※ スホイ57は“脅威”か、F-22ラプターの指揮官に聞いた
https://www.businessinsider.jp/post-108106

 ほほう。余裕ですなぁ。

※ デマと誹謗中傷まみれのTOKYO MX「ニュース女子」沖縄基地問題特集にBPO
が「重大な放送倫理違反」
http://buzzap.jp/news/20171214-news-joshi-bpo/

>(1)抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった
>(2)「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった
>(3)「日当」という表現の裏付けの確認をしなかった
>(4)「基地の外の」とのスーパーを放置した
>(5)侮蔑的表現のチェックを怠った
>(6)完パケでの考査を行わなかった

 この程度のこともしなかったのか! という声が出てくるんだろうけれど、M
Xテレビ程度の体力でこれをやるのって、結構ハードルが高いです。デイリーな
番組だと管理職を集めて完パケしている暇は無いし、じゃあ、相手に取材掛けて、
それが叶わなかったら放送しないというわけにもいかない。
 そもそもがMXテレビの体力で...

バックナンバー

  1. ▲▽23年経過▽▲

    2018年01月18日発行

  2. ▲▽野菜高騰▽▲

    2018年01月17日発行

  3. ▲▽ロング・ロード・ホーム▽▲

    2018年01月16日発行

ページの先頭へ戻る